刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

来年秋の福岡市博物館の特別展がすごい!

昨日の昼前から「福岡市博物館」がTwitter・Yahoo! Japanのトレンド入りするなど話題になっていたようですが、今日、公式発表がありました。



侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI 公式サイト

来年の秋、福岡市博物館の特別展で、大典太をはじめ、五虎退、骨喰藤四郎、物吉貞宗、義元左文字(宗三左文字)、そして福岡市博物館が誇る圧切長谷部と、とうらぶ実装刀など刀剣約70口、そして甲冑約50領などが展示されるとのことです。

福岡市博物館(以下、しはく)の秋の特別展は例年だと独自企画展(しはくが企画し、他館での巡回がない。結構濃いテーマなのが特徴。ちなみに今年は「浄土九州」展で、濃かった)が行われるので、来年の侍展も独自企画展だと思われます。
もう来年の秋は福岡来るしかないですね!

ちなみに侍展ででもあるかどうかはわかりませんが、しはくではここ数年、毎週水曜日の午後(14:00からのことが多いかな)、特別展に入場している人を対象に、担当学芸員さんが1時間展示を解説してくださる「ギャラリートーク」が行われています(「毎週水曜」のソースは、年4回発行のしはくの情報誌「Facata」巻末のスケジュール欄)。
去年の秋の鴻臚館展のギャラリートークは2回行ったのですが、各回30人行かない感じで、資料を用意した学芸員さんによる裏話アリの楽しいものでした。来年もギャラリートークやってくれないかなー。狙って行くよー?


この前あげた 審神者向け福岡観光プラン作成用アンケート2018は、来年1,2月の展示のためのものですが、来年秋に向けてこんな情報欲しい/あるよ、とかあったら受け付けますので、よろしくお願いいたします。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply