刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

おっきい こんのすけ撮影会in福岡市博物館に参加してきました(2018)

2018/1/20 おっきい こんのすけさんが再び来福。福岡市博物館にて撮影会が行われました。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)正面

去年の撮影会は刀ステ北九州公演のため途中離脱しましたが、今回は特に何も用事がなかったので、2回目13:30からの部、フル参戦してきました。

ということで、その様子を撮った写真を見ながら簡単に振り返りたいと思います。
(「黒田家の刀剣と甲冑展」の記事はもう少し待ってください!)

13:20ごろから博物館の階段下をを大きく囲うように人の輪が形成されました。今年は「階段上で立ち止まっての撮影が禁止」ということで(確かに危険!)、学芸員さんがその旨書いた紙をもって階段に立っていました。おかげで階段で撮影しようとした人はいなかったのではないかと。

13:30過ぎ、おっきい こんのすけ(以下、こんのすけ)さんが登場。登場した途端響く黄色い声。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)とそれを撮る人々

階段の下に移動すると、今回の撮影会について簡単なアナウンス。
博物館の中と外で撮影会をした後、外で2ショット撮影会開催&でじたろうさんからこんのすけの名刺が貰えるとのこと。

そして中での撮影タイムスタート。
今回の撮影会では貴重なお背中。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)背中
そしてキメポーズ(向きが違うけれど)。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)キメポーズ

一時中断して刀を持たせてもらい、ブラッシングで毛並を整えてもらってから(「青い部分は下から上にブラッシングする」などブラッシング講座もあったw)、再び撮影タイム。
今度はバッチリ目線&キメポーズ頂きました。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)片足上げ

その後は外へ移動。人はこんなにいたのです。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)とそれを撮る人々

正門にあるブールデルの銅像(ちなみに題は「勝利」)の横で再び撮影タイム。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)像に隠れるこんのすけ
像の後ろから顔を出すポーズでは再び黄色い声が上がっていました。

台座に寄りかかるかっこいいポーズ?のこんのすけ。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)銅像台座によりかかる

おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)銅像の横
再びキメポーズ頂きました。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)銅像の横で片足上げ

その後は2ショット撮影会。
人は先ほどの写真の通りかなりいたのですが「皆さん全員と撮れるようにしますので」とのお言葉通り、整列して待つこと約10分(2人以上で来た人が全員一緒に撮ってもらうなどしてくださったため、列の長さの割に体感スムーズだった)で撮っていただくことに。
日本号のぬいっこを持っていたので、この瞬間だけこっそり手に持って撮影。3枚連写していただきました。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)2ショット写真
こんちゃんの毛並を触る事もできました。ふかふかー。

そして撮影後、でじさんにこんのすけのお名刺を頂きました(でじさんともお話したり2S写真撮れたようでしたが、チキンなので遠慮)。

2ショット撮影会が終了すると、今度はでじたろうさんとこんのすけの2ショット撮影会。「こんちゃんジャンプ」などもありました。
1枚我ながらなかなかいい2Sが撮れたのですが、上げて良いものなのかよくわからないので掲載はやめておきます。

撮影会が終わってお辞儀をするこんのすけ。かわいい。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)おじぎ

そして館外から再び館内へと移動。
ここでお約束の自動ドアで鼻をベチャってする「ガラス芸」。今回、これが一番撮りたかったのです。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)自動ドアガラス芸
上手く撮れませんでしたが、自動ドアの開閉に合わせて顔をずらすのがとても面白可愛かったです。
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)自動ドアガラス芸

最後に館内入って右手、体験展示施設「みたいけんラボ」入口にある、顔をカメラで認識し兜をかぶったような映像を出してくれる「お変わり兜」にチャレンジ。
試行錯誤すること数度、見事に兜をかぶることに成功。こんちゃんも凄いけど、お変わり兜のシステムも凄い!
おっきい こんのすけ(2018/1/20 福岡市博物館)お変わり兜を体験する
そしてお変わり兜を楽しんだ後、こんのすけは帰って行ったのでした。

今年は階段での撮影が禁止になったので、昨年みたいに「無罪モラ○リアム」状態(by学芸員さん)にならず、非常にスムーズに撮影会が行われているな、という印象を受けました。個人的な話をすると後ろに人がいないのでボカシ・モザイク等の処理が楽で本当に助かりました。

また来年以降こんちゃんが来るかどうかわからない&来ても行けるかどうかわからないのですが、機会が合えばまた会いたいですね。

最後に頂いた名刺の写真。「宣伝部長」の肩書がまぶしい。
おっきい こんのすけ名刺(表)
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply