刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

2017年を振り返る

今日は3本記事アップしています。どれも半日から1日かけて書いた記事なので、長いです。



あと3時間で2017年が終わります。
昨年度は1/1にやった1年の振り返りを、今回は12/31にやろうと思います。

藤の花とねんへし

まずゲームは色々あったと思うのですが、振り返ろうとしてすぐ思い浮かぶのが「期間限定鍛刀キャンペーン」と「大阪城の毛利くん」の苦しみの2つ
村正さんと巴さんは割とすぐ来たのですが、小竜さんと謙信くんには苦戦。最後の小豆さんはついに来ませんでした……。鍛刀キャンペーンの連発はつらかったです。まだ資材回復し切ってないので年明けの連続鍛刀キャンペーンが恐ろしい恐ろしい。
そして毛利くん。年末のドロップ確率アップがなければマジで来る気がしませんでした。これまで3回あった毛利くんドロップの大阪城のうち、最初の1回は本気でハゲそうでした。

他のトピックは、新しくイベント「江戸城潜入捜査」と「兎追いし団子の里」が追加されたこととか、脇差と打刀・極の実装&短刀・極の下方修正、「審神者長期留守後歓迎」と一口団子をあげたときのボイスの追加、そしてUIと課金アイテム関連が快適になってきていることなどでしょうか。
江戸城は周回が割と楽だし、宝箱をあけるドキドキ感もあり、更に課金で何周でも宝箱をリセットできるので好きです。おかわりしたくてつい課金しちゃいます。
でも、そろそろ新しいイベントが欲しいかなー、というか8面も欲しいなー、と。
あと極はそれぞれの手紙は面白いのですが、性能面が短刀・極がこれまでの色々で強くなりすぎて、脇差と打刀・極が霞んでいる感じがします。正直レベリングがしんどい(平らレベリング教なので更につらんい)。演練とか、審神者レベルだけは高いので、私の短刀・極のLvが46とかなのに対し、相手は全員55以上とかザラですからねー。皆さんどうやってレベリングしているのか聞いてみたいです。

メディアミックスの話。
アニメは記事にしていませんが、2月の花丸の幕張メッセイベント夜の部、活撃第一話のライブビューイングに行ったり、活撃は毎週リアタイ視聴、花丸映画は3回見たりしました。北九州のマチ★アソビカフェにも何回か行きました。
ゆるくも意外性があった花丸はともかく、活撃はうーん……剣戟は素晴らしく、脚本も第五話あたりまでは好きなのですが、そこから先がちょっと私にはあまり合いませんでした(第一部隊も好きなんだけれど)。感想を書こうと思って用意はしているのですが、公開しない可能性大。劇場版は多分見に行きますが。

2.5次元は、年明けの刀ステ虚伝・再演の福岡楽から、4枚全てステのコースターだった東京の2.5Dカフェ(一緒のテーブルだった方が皆さん花丸◎日和夜の部参加したバラバラの地方の審神者さんで、本当に楽しかった)、義伝大千秋楽(見返すパワーが足りなくて感想がなかなか書けない)、外伝LIVE配信、そして最高&最高だったジョ伝福岡公演全通と、刀ステにはじまり刀ステに終わった気がします。最速先行は最強。
ミュも、みほとせとらぶフェス2017はライブビューイングに行き、幕末天狼傳とらぶフェス2016の円盤を買っています。テンション上げたい朝にライブパートを見ながら用意すると、結構はかどるのでおすすめです。つはものもその次の新作も楽しみです。

リアルイベントの話。
今年はコラボ(とこん散歩撮影)でおっきいこんのすけさんが来福。そして、本丸博がありましたね。おっきいこんのすけも本丸博もまた福岡来るかなー?
あと花丸◎日和の夜の部、行ってすごく楽しかったのですが、円盤化されたので書きません。

刀剣鑑賞の話。
刀剣鑑賞は、まず年始の圧切長谷部・日本号と福岡市博物館のコラボ。博物館の皆さん本当にお疲れ様でした。来年もよろしくお願いいたします。
その次は、玉名市歴史博物館こころピアの「同田貫とその時代」展展示解説、第2回が決まった菊池夢美術館の「菊池一族と延寿鍛冶展」、ソハヤノツルキが展示された宮崎県立美術館の「徳川歴代将軍名宝展」と九州内遠征が続きました(福岡市博物館の日光一文字と大仙兼元・岩切海部、熊本県立美術館の「大熊本県立美術館展リターンズ」もいろいろあって記事にすることはできませんでしたが見には行ってます)。
後半は福岡市博物館の碇切・「南北朝の動乱」展、九博の王さんの同田貫などを見ました。
あと、美術館・博物館の展示とは少し毛色が違う「筑後國舞刀会」、「目で見る刀の教科書展」にも行きました。「目で見る~」は最後3日間が凄そうですが、非常におすすめです。常設展だけでも真面目に見ると1時間以上かかります。

本当は色々書籍とか読んで勉強したいのですが、今年半ばあたりから原因不明ですが急にいわゆる普通の「本」が5分以上読めなくなっていて(集中力が続かないという感じ。Webサイト・ブログや電子書籍は5分以上読める)、ちょっとできていません。読書が趣味だったので辛いです。
こんのすけの刀剣散歩や刀の教科書展のような書籍以外の刀剣勉強の機会があるのはありがたいです。

グッズの話。
今年グッズの記事は1本(もちぷちまるっこBIGクッションが最高に気持ちいい件)しかあげていませんが、ねんどろはまんば・薬研・安定・あとコーデのおじいちゃんが、花丸がもちぷちが大中小合わせて10個弱(BIGクッションは第2弾でまたB賞小狐丸をゲット)、そして最推し日本号グッズが結構出てきたので色々増えてます。プライズ系はきついよー。ねんどろ号さん作ってほしいよー。
ぬいっこ日本号・ひっかけ日本号・もちマス日本号


このブログに関して振り返ると、今年閲覧数が多かった記事トップ3は
  1. 刀ミュ用のうちわを作ってみました
  2. 【2017年】地元民が福岡市博物館の刀剣乱舞コラボ等身大パネル全て廻る方法考えてみました #審神者福岡旅
  3. DMMポイント+VRゴーグルセットを買ってみました(刀ミュ三百年VR無料動画感想)
でした。

幕末天狼傳の感想のついでに上げた、刀ミュ用のうちわを作った記事が、検索流入でまさかのぶっちぎり1位でした。あんなヘロヘロな出来で申し訳ないです。またミュに現地参戦することがあれば新たに書きなおしたいのですが……。皆さんはちゃんと計画してから作りましょうね。
2位は昨年度の福岡市博物館コラボ等身大パネルを1日で廻る方法を考えた記事。記事内にも追記しましたが、ルート2が一番人気でした。
3位はVRゴーグルでペンギンとみほとせサンプルを見た感動を書いたのですが、検索流入で審神者以外の皆様が沢山見てくださったようです。拍手でコメントがいただけて非常にうれしかったです。このページなどでお買い上げいただいたアフィリエイト収入+αで、みほとせVR全編と福岡市博物館の過去の黒田関連の図録を1月に買わせていただきます。

ちなみに4位は#審神者福岡旅 審神者向け福岡観光プランまとめページ、5位は今年の観光プラン2日目でした。
3~5位はこの記事の下書きを書いた12月半ばから変動があって、書いていたときはまとめページが3位、VRゴーグルが5位でした。が、今日までの間にVRゴーグルの記事閲覧数がこの間にじわじわのびていきました。


あと、沢山の方に読まれたり読まれなかったりしたけれど、個人的に思い入れのある記事たちの話。

刀ステ義伝福岡公演関連準備の記事。

刀ステ義伝福岡公演と博多祇園山笠が重なる上、とうらぶに関連ある題材の飾り山が多かったということで、少し頑張って実際に歩いて書きました。千秋楽当日はかなり暑かったですね。
山笠ナビさんに「ツイートを引用していいですか?」とお伺いした時は非常に緊張しました。快諾ありがとうございます。山笠ナビさんも言っていた通り、来年の新作も山笠の時期と被らないかちょっと心配です。

熊本延寿・同田貫3部作。

刀ステ義伝の感想が延びそうな予感がしますが(なお大したことは書けない模様)、現時点でこのブログ一番長い期間執筆にかかった記事群。
3本ともむやみやたらと長いですが、3本合わせて読むと延寿や同田貫についてちょっとわかる……といいなあ、と思って書きました。

筑後國舞刀会。

福岡県最南端の大牟田市の刀剣イベントの参加レポ。銘切体験&刀匠さんによる銘切、(殆ど聞けなかったけれど)講演会、そして夜間鍛錬と初めてながらいろいろチャレンジ姿勢が伺えてすごく良かったと思います。

あなたの知らないバスツアー。

このブログではないのですが、福岡アジア美術館・福岡市美術館(市博ができる前、長谷部と日本号はここ所蔵だった)・福岡市博物館の「裏側」をレポートする記事3本。
去年の圧切長谷部公開時に「キャプションや展示が面白い」話題になった企画展示室1の「見えないものを見る」の展示解説も少しあります。今読み返すと楽しさの半分も伝わらない残念レポート(いつもそうだけど)……。

ちなみに、今年度も「冬のおとなミュージアム」で「ミュージアム・バスツアー」とこのツアーに類似した企画があるとのこと(ただし福岡市美術館には入れなさそう)。

私は今年行ったので遠慮しておきますが、来年の1/5締切なので、興味のある方は応募して、「広報レポーター」としてレポートをどこかに公開してください! 探して読みますので!

あと、誰もクリックしてくれないので自分で言いますが、ページ一番上のSNSのアイコンがあるのですが、Instagramやってます
現状、不定期で私が食べた美味しいものともちもちマスコット日本号を一緒に写すアカウントになっています。


来年は何があるかわかりませんが、できるだけまったりとゲームその他いろいろ頑張っていきたいと思いますので、生暖かく見守っていただけると嬉しいです。

それではよいお年を。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply