刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

審神者向け福岡観光プラン2018冬(圧切長谷部) 2日目 #審神者福岡旅

■追記
2018/1/28 15:00 博物館で地下鉄一日券提示で割引やはり受けられるようです。確認していただきありがとうございます。
2018/1/27 21:45 「地下鉄一日券提示で博物館が割引にならなかった」という情報を頂いたので該当部打ち消し(数日中に私も行ってみます)
2018/1/11 22:00 博多駅近辺のおすすめ神社2カ所について追記。地下鉄一日券で博物館が割引になることを忘れていたので追記
2018/1/6 10:00 おすすめお土産2つ追加。誤字訂正など。あと、オプションツアーを間違えて非公開にしていたので公開状態に戻しました。
2018/1/5 0:30 暫定版公開。本当はもう少し書きたかったけれど、時間切れです。

2018年1月の圧切長谷部公開に合わせて福岡遠征する方のための「審神者向け福岡観光プラン2018冬」、2日目です。

もち号ともちべ@福岡市博物館前庭

1日目はこちら
審神者向け福岡観光プラン2018冬(圧切長谷部) 1日目 #審神者福岡旅
審神者向け福岡観光プラン2018冬(圧切長谷部) 1日目 オプションツアー~太宰府・柳川~ #審神者福岡旅

まとめページはこちら
#審神者福岡旅 「審神者向け福岡観光プラン」まとめページ(随時更新)

2日目はコラボグッズをより確実にゲットするため、朝イチで地下鉄と徒歩で福岡市博物館に向かい、11:30まで滞在。
次に、天神まで地下鉄で戻って、西鉄福岡駅コンコースの博多やりうどん 福岡店にて天下三槍うどんを昼食に食べます。
その後、再び地下鉄で西に向かい、福岡城跡付近の観光施設、福岡城むかし探訪館・三の丸スクエア(昨年度コラボパネル展示、現在それぞれの施設にへし切長谷部と日本号のレプリカが置いてある)を見学し、頑張って歩いて西公園の光雲神社(黒田官兵衛・長政親子を祀る神社、母里友信(太兵衛)像がある他、こんのすけの刀剣散歩ロケ地でもある)を参拝。

最後15時に博多駅に戻り、適宜お土産(如水庵のどら焼き日本号とか)を買って帰路についていただくコースとなっております。

福岡市博物館の方謹製のマップも今回周る箇所について丁寧な解説があるのでぜひ参照してください。

注意事項は4つ
  • 「等身大パネルが去年と同じ場所に設置される」とヤマをはってルートを決めました。パネルが別の場所に設置されたり、そもそも博物館以外に設置されなかったら、ごめんなさい!今年は博物館以外のパネル展示はないようです!
  • 地下鉄を使うので、そこそこ歩きます
  • 福岡市博物館には開館時間9:30直前に着くよう調整しようとしたのですが、ちょっと遅刻しました
  • 昨年の等身大パネル設置場所である福岡タワーに寄るのを忘れた

あと、試走は平日です。地下鉄のダイヤも平日と休日とでさほど変わらない感じですが、ご留意ください。

最後に、これは個人的なお願いなのですが、「#審神者福岡旅」というハッシュタグを作ってTwitterで福岡遠征用の情報を流しています。
このプランで旅行される場合、よければこのタグを使っていただけると非常に嬉しいです。
あとこのプランにないけど、「こんなとこ行ったよ」とか「これおすすめだよ」など自由に使っていただいて結構です。良さ気だったら今後のプランに取り入れるかもしれません。


所要時間・金額


所要時間


約6時間15分(9:08 地下鉄博多駅(K11)発、15:15ごろ 博多駅着)

金額


福岡市地下鉄 一日乗車券 620円
福岡市博物館 常設展・企画展 観覧料 200円
 ※1/11追記:地下鉄一日乗車券提示で50円引きになるのを忘れていました
   1/28追記:先に特別展(新収蔵品展?)に行かれた方から「一日乗車券提示で割引を受けられなかった」と報告を受けましたが、50円割引は受けられるようです(わざわざ確認していただきほんとうにありがとうございます)。
   気になる方は先に常設展・企画展の受付でチケットを買った方が確実に割引を受けられると思います。

合計820円(昼食代・三の丸スクエアの筑紫もちソフト代含まず)

マップ


博多駅(地下鉄博多駅(K11))

地下鉄西新駅(K04) 1番出口

福岡市博物館

福岡城むかし探訪館

三の丸スクエア

光雲神社

地下鉄赤坂駅(K07) 2番出口

地下鉄大濠公園駅(K06)

博多やりうどん 福岡店

櫛田神社

住吉神社

福岡タワー



ルート


9:08 地下鉄博多駅(K11)
↓ 地下鉄(2番乗り場発)
9:21 地下鉄西新駅(K03)
↓ 徒歩
9:35 福岡市博物館

(11:30まで滞在。福岡タワーが徒歩5分のところにあるので、タワーに行く場合はこのタイミングでよるといいかもしれません) 

11:40 福岡市博物館正門前出発
↓ 徒歩(15分)
11:50 地下鉄西新駅(K04)
↓ 地下鉄(1番乗り場発)
12:02 地下鉄天神駅(K08)
↓ 徒歩(5分)
12:06 博多やりうどん 福岡店

(食事。その後お手洗等を済ますなど)

12:45 地下鉄天神駅(K08)
↓ 地下鉄(2番乗り場発)
12:51 地下鉄赤坂駅(K07)
↓ 徒歩(10分)
13:00 福岡城むかし探訪館
↓ 徒歩(最短7分、今回は福岡城に少しだけ登った)
13:45 三の丸スクエア
↓ 徒歩(18分)
14:30 光雲神社
↓ 徒歩(15分)
14:58 地下鉄大濠公園駅(K06)
↓ 地下鉄(1番乗り場発)
15:15 地下鉄博多駅(K11)

詳細


スタートは博多駅。博多駅地下の地下鉄博多駅(K11)から、9:08 2番乗り場発のK01 姪浜(めいのはま)行の地下鉄に乗りました。
最初に書いたように。9:08発の地下鉄だと福岡市博物館の開館時間9:30には間に合わないので、気になる方はもう少し早く出た方が良いです。
なお、福岡市営地下鉄の空港線は基本「1番乗り場発は東方向、2番乗り場が西方向に行く」と覚えておくと楽です。

ちなみに9:08 K11博多発の地下鉄は9:13 K08天神駅を通過するので、天神あたりから出る人は参考まで。

地下鉄西新駅(K04)


9:20 福岡市博物館最寄の駅、K04西新駅に到着。
駅改札出ると、大きく目立つ「サザエさん通り 1番出口」の掲示があるので、それにしたがって1番出口へ出ます。
通路の手前に如水庵の西新店があるので、それを目印にしてください。
如水庵西新店

1番出口を出ると右手にドン・キホーテ、正面にサザエさんの金属パネルがあります。
福岡市博物館はサザエさん通りの途中にあるので、これに従って行きます。福岡市博物館まで15分くらい歩きます。
サザエさん通り(K04 地下鉄西新駅 1番出口)
正面の角を右折して、サザエさん通りを歩くと、街灯に「サザエさん通り」という文字とサザエさんの顔が書かれた旗が下がっているので、その通り歩いて行ってください。
サザエさん通り
そのままずっとまっすぐ行くと「ボンラパス」というスーパーがあるので、そこを左折。ここまでくればもうすぐ福岡市博物館です。
ボンラパス 百道店

福岡市博物館の正門が見えるので右折します。
福岡市博物館正門

この日は快晴だったので博物館の外観の写真を撮ったりして、到着してから5分ほどロスしております。

福岡市博物館


福岡市博物館(正面から)

一応、2日目も約2時間滞在できるよう設定しております。
新収蔵品展、「黒田家の刀剣と甲冑」展(500円)、そして常設展示もぜひ観ていってください。

1日目のところに書くのを忘れていたのですが常設展入ってすぐ、昨年の京博の国宝展で行列ができたという国宝「金印」が専用の部屋一つもらって展示されています。これだけ見るなら5分で見れます。

あと、ミュージアムショップ。
入ってすぐの目立つところに、通常は特別展に関連する書籍が陳列されているのですが、「黒田家の刀剣と甲冑」展があるということで、刀剣本が陳列されていました。

そして、私含む日本号推しの皆さんに朗報です。
大身鎗日本号クリアファイルと絵はがきセット
まず、完売していた日本号クリアファイルがデザインをリニューアルして登場。白い紙を入れると螺鈿がよりはっきり見える仕様となっています。
そして、日本号絵はがきセット(3枚組)が新発売されました。赤背景がカッコイイこの3枚を縦につなげると、日本号の全体像が出てくるという凝ったしかけとなっております。ぜひお土産にいかがでしょうか?

11:30になったら、福岡市博物館を出発。来た道を戻って、地下鉄西新駅まで戻ります。
今回は1番乗り場の地下鉄どれにのってもOKなので、11:55発のH07 貝塚行きにのって、昼ご飯を食べにK08 天神駅へと向かいます。

地下鉄西新駅ホーム電光掲示板(1番のりば)
ちなみに、2号車かそのあたりに乗っておくと、出口が近いので便利です。

地下鉄天神駅(K08)


K08 地下鉄天神駅に着いたら6番出口から、西鉄大牟田線の西鉄福岡駅へと向かいます。
地下鉄天神駅6番出口

通路を上がると左手が福岡PARCOの正面入口。その向かいが西鉄福岡駅へと向かう階段・エスカレーター(写真右手)があるので、あがります。
西鉄福岡(天神)駅地下鉄側入口(福岡PARCO前)

上がると正面にローソン、そしてその左手に今回昼食として食べる「博多やりうどん 福岡店」があります。
西鉄天神駅コンコース 博多やりうどん福岡店

博多やりうどん 福岡店


今回2日目の昼ご飯としてご紹介するのは、昨年の本丸博福岡会場の時期に話題になった、「博多やりうどん 福岡店」さん。
博多やりうどん福岡店ともち号

長年西鉄福岡駅にあるこの店の何が話題になったのかというと、一昨年の年末の改装後に出されるようになった、「天下三槍うどん」(750円)。天下三名槍に見立てた約30センチの長いゴボウの天ぷら(以下、ごぼう天)が3本のった豪快なうどんです。
福岡ではごぼう天をのせた「ごぼう天うどん」がメジャーでなのですが(1日目の牧のうどんにもごぼう天うどんはある)、その中でも割と豪快なごぼう天がのったうどんです。
天下三槍うどん(博多やりうどん)
元々折尾発祥のやりうどんは、日本号からその名前を取ったのだそうですが(店内壁面に書いてある)、福岡店では改装を機に長いごぼう天を日本号及び御手杵・蜻蛉切に見立てたうどんを出すようになったようです。
ちなみに一本の長いごぼう天を日本号に、丸天を呑み取りの杯に見立てた「博多やりうどん」(こちらも750円)もあります。

実食。
さすがに3本のごぼう天がのった状態では食べにくいので、一緒に出されたお皿に2本移して、1本だけのせた状態で食べます。
まずはごぼう天。サクサクの衣にホクホクしながら歯ごたえのあるゴボウの独特の味わいが美味しいです。汁に浸して食べても美味しいです。出汁はカツオが効いています。
そして麺。ここの麺は1日目の牧のうどんよりコシがあります。プニプニとした食感がちょうどいい塩梅です。
天下三槍うどんの麺(博多やりうどん)

麺はもちろん、長いごぼう天×3が食べごたえ十分なので、かなり満足していただけるのではないかと思います。

お会計を済ませたら、次の福岡城むかし探訪館に行くまで、少し時間を取っているので、お手洗い・メイク直し等するならばこのタイミングをおすすめします。
ちなみに、ローソン近くのエスカレーターから行ける福岡PARCO本館増設部5階の「ヴィレッジヴァンガード フリークス」はとうらぶの2.5次元をかなり推していて、とうらぶグッズの他、俳優さんの雑誌・写真集とかが置いてあり、ポップも気合入ってるので時間あれば覗いてみてはいかがでしょうか(入って左手すぐにコーナーがある)。

用事が済んだら、再び地下鉄天神駅(K08)に戻り、今度は2番乗り場の電車に乗ります。

福岡城むかし探訪館


K08天神駅から1駅、K07 赤坂駅で下車。
2番出口から出て、左折して、駅の西にある福岡高裁・福岡城跡方面へ向かいます。
地下鉄赤坂駅2番出口
地下鉄赤坂駅2番出口から、福岡城跡方面を見たところ

歩いて行くと、大河ドラマ「軍師官兵衛」のときに設置された福岡城跡の地図看板があるので、それに従って福岡城むかし探訪館まで行きます。
福岡城案内マップ

福岡高裁を過ぎると、上之橋御門が見えるので、渡って、福岡城跡(鴻臚館跡)へ入っていきます。
福岡城跡上之橋御門

以前訪れたときにあった鴻臚館跡を囲うフェンスがなくなり、非常に見晴しがよくなっています。
鴻臚館跡
福岡城むかし探訪館は右手奥にあるので、そこまで歩いていきます(今回行きませんでしたが、写真左奥の鴻臚館跡展示館も無料なのに面白い施設です)。

赤坂駅から歩いて約10分、13時ちょうどに福岡城むかし探訪館着。
福岡城むかし探訪館

去年のコラボパネル設置場所なので訪れた方もいらっしゃると思うのですが、ひとつ変わったことがあります。

ここにはへし切長谷部のレプリカが展示されているのですが、昨年の夏から「期間限定」でその刀身も展示されています。
本当は夏休み中までの予定だったはずだったのですが、好評だったため延長している、とのこと。
福岡城むかし探訪館のへし切長谷部レプリカ(刀身と拵え)
まあ本物を見た後だと思うので、その違いに驚くことになるとは思いますが、本物より写真が撮りやすいと思うので記念撮影などいかがでしょうか。
福岡城むかし探訪館のへし切長谷部レプリカ(刀身アップ)

なお、館内いつもボランティアガイドの方が常駐していらっしゃるのですが、13時はちょうど昼食休憩の時間となっていようで、この日は私一人で貸切でした。ガイドの方のお話楽しいので、いらっしゃればぜひ聞いてほしいです。
福岡城むかし探訪館館内
館内には黒田官兵衛の年表(へし切長谷部や日光一文字を手に入れたという記述や、ジョ伝の題材になった小田原征伐についても記述あり)があります。

三の丸スクエア


福岡城むかし探訪館を出たら、3Dプリント日本号が展示されている三の丸スクエアに向かいます。

三の丸スクエアへの最短ルートは、むかし探訪館出てすぐ右の道(写真右矢印)、テニスコートの横を通り平和台陸上競技場の事務所の横を通る道。歩いて7分程度でたどり着きます。
福岡城むかし探訪館から三の丸スクエア(福岡城)への道
私は左の矢印の福岡城を登って巡るルートで行こうとしたのですが、途中の本丸表御門跡まで行ったところで弱気になって、松木坂御門跡を通って最短ルートに合流しました。

車道を挟んで向かい、横断歩道付近にあるのが、「旧母里太兵衛長屋門」。
旧母里太兵衛(母里家)長屋門
よく見ると、日本号の現在の鞘にもある母里家の家紋の意匠が見ることができます。
旧母里太兵衛(母里家)長屋門(母里家家紋)

三の丸スクエアへの道へ話を戻すと、長屋門の左横に細めの道があるので、そこを進みます。
奥に見えるのが名島門。名島城の門を移したものだとか。
名島門

名島門をくぐり、左奥にあるのが、三の丸スクエアです。
三の丸スクエア

三の丸スクエアは鴻臚館と福岡城についての観光施設。
受付の奥に、昨年福岡市博物館に展示されていた3Dスキャンプリント日本号が展示されています。
※12/27時点。現在は福岡市博物館に移動? 要確認
3D日本号
柄の螺旋状の凹凸はスキャンして存在がはっきりわかったとのこと。注目です。
3D日本号の柄(アップ)

また、壁面上には福岡城整備基金に募金した方々の芳名板があるのですが、プレミアム芳名板にへし切長谷部と日本号の名前があります。
三の丸スクエアの芳名板(へし切長谷部と日本号)

もう何度も来ているので反対側の曲線を描くパーテーションの裏のフォトコンテストの結果を見るなどしていました。

奥には軽食(軽食は14:00まで)も出る如水庵福岡城店があります。
で、ちょっと気になるメニュー、福岡城店限定という「筑紫もちソフト」があったので、思い切って入ってみました。
如水庵福岡城店メニュー(店頭)

早速、筑紫もちソフト(450円)を注文。
テーブルに置いてある交流ノートや、軍師官兵衛関連の雑誌や図録、そしてしれっと置いてあるぽてだんパペットへし切長谷部(刀の代わりに、赤い紐が結ばれた如水庵の紙の袋を下げている)を見ながら、待つこと数分、筑紫もちソフトが目の前に運ばれてきました。
如水庵福岡城店の筑紫もちソフト
「黄な粉がこぼれやすいので注意してくださいね」と言われたのですが、確かにこぼれやすい。流れる黒蜜にも注意が必要です。
味は気持ち濃いめのバニラソフトに筑紫もちを構成する黄な粉、黒蜜が合わさって美味しいです。たまにもちを食べると食感が変わります。そして、コーンの底には粒あんがぎっしりつまっています。甘さがやや控えめでこれまた美味。

食べて一息ついたら、今回最後の目的地、光雲神社に向かいます(この時14:10)。

光雲神社


旧母里太兵衛屋敷跡まで戻ったら、そのまま坂を下り、下之橋御門をくぐります。
下之橋御門

そして左折し、西へ。K06 大濠公園駅と福岡大濠郵便局前を通過します。
Googleマップに道案内をさせると、福岡大濠郵便局手前から別の道を勧められると思うのですが、ちょっと細い道を通らされるので、広めの道を通るルートをご案内します(約15分)。
福岡大濠郵便局

郵便局を通過してしばらく行くと「西公園入口」交差点(左手にピンク色の中華料理店、「平和楼」がある)があるので、右折して信号を渡り、そのままずっと直進します。
西公園入口交差点

直進すると、黄色く舗装をされた長い坂が見えます。ここが光雲神社のある西公園の入口。光雲神社は上の方にあるので、この坂を登っていきます。
西公園(光雲神社)入口

坂を登ると階段が見えます。光雲神社はこの上です。頑張って登ってください。
西公園中腹(光雲神社への階段)

約50段の階段を登りきると光雲神社です。お疲れ様でした。
光雲神社鳥居

早速参拝させていただきます。お賽銭を入れると面白いことがあります。
光雲神社拝殿
摂社では猫がまどろんでいました。

参拝が済んだら、社務所はお忙しそうだったので、鳥居近くの黒田長政の大水牛兜を模した手水鉢と、母里友信(太兵衛)像を見学させていただきました。
光雲神社の手水鉢

光雲神社の母里太兵衛像

見学が済んだら(ちなみにこの時14:40)、下山して、大濠公園駅まで来た道を戻ります。

そして大濠公園駅から1番乗り場、K13 福岡空港行きの電車に乗って(H07 貝塚行きは博多に止まらないので乗らないこと)、博多駅まで戻ります。15:03大濠公園発で、15:15に博多駅着となります。これで一応予定していた箇所は全てまわったことになります。お疲れ様でした。最後に博多駅マイング・デイトスなどでお土産を買って帰りましょう。

お土産


お土産は博多駅1階のマイング・デイトスが品揃えが一番良いと思います。

如水庵のどら焼き日本号はもう完全に需要にこたえる感じで、いつものデイトス2号店の他、一番大きなマイング1号店、そしてデイトス1号店にも展開中。そして、上記3店と博多駅前本店(博多駅から福岡サンパレス方面へ徒歩5分)のみで、黒田家の家紋の一つ藤巴を使った紫と紺色のオリジナルグッズを発売開始。ギリギリの便乗商法、嫌いじゃないです。






写真はマイング1号店。これは12/27に撮ったものなのですが、年末は「日本号と長谷部の連名になっていた」という話を聞きました。
fc2blog_201712290522552e6.jpg

あと、時間をもてあそんでいて日本酒が行ける口だったら、博多口地下1階の「酒の九州」さんが審神者を歓迎していますね。



あと、マイング・デイトスで買える個人的に好きなお土産。
一つ目は「博多菓匠 左衛門」さんの「博多ぶらぶら」。
博多ぶらぶら(箱)

博多ぶらぶら
柔らかな求肥を、こしあんで包んだお菓子ですが、少し塩気強めのこしあんが非常に美味しいです。
日持ちはさほどしませんが、常温保存なので持ち帰りに困ることはないかと。

次に、佐賀県の唐津市のお店なのですが、「大原老舗」さんの「大原松露饅頭」。
これは、仕事関連でお土産に紹介したら大変好評だったらしく、「私にもぜひ店を教えてほしい」と問い合わせが来たという品。
大原松露饅頭
こしあんが美味しいのは当然として、人形焼の皮を極薄にしたような皮がまた美味しいのです。

ぶっちゃけマイング・デイトスに出ている店は福岡・九州中の有名店が出ていて、マズいことはほぼないので、「食べたいな」と思ったのを買うといいと思います。



ちょっと時間が余ったときにおすすめの博多駅近辺の神社


ちょっと「15時博多駅はまだ早い」という方向けに、博多駅近辺の有名な2つの神社をご紹介いたします。

櫛田神社

■おすすめポイント:今、黒田長政を題材とした飾り山笠が展示されている他、刀剣が展示されている「博多歴史館」がある。周辺の観光施設も充実

K10 祇園駅から歩いて5分、もしくはK09中洲川端駅から長い商店街のアーケード(博多らしい店が多いので歩いてみると楽しい)をずっと歩いて8分程度のところにある博多の総鎮守。「お櫛田さん」の愛称で親しまれている神社。
櫛田神社

刀ステ義伝のときにもちょっと書いたのですが、博多祇園山笠はこの神社への奉納神事。
櫛田神社境内横と川端商店街の「川端ぜんざい広場」には飾り山笠が一年展示されています(あと九博にも期間限定展示)。

飾り山笠には「表」と「見送り」と2つの飾りがあり、それぞれ表題がつけられているのですが
今年の櫛田神社の飾り山笠の表の表題「素神奉献之奇瑞」は櫛田神社の祭神の一柱、素戔嗚命が八岐大蛇を退治し天叢雲剣を得る場面。
番外 櫛田神社 飾り山笠 表「素神奉献之奇瑞」

そして見送りは「威風長政決戦功」。関ヶ原の戦いで活躍する黒田長政らを表しています。本田忠勝もいます。
番外 櫛田神社 飾り山笠 見送り「威風長政決戦功」
この山笠の展示は6月あたりまでなので、お時間あればぜひ見ていってください。

また、飾り山笠のすぐ近くにある「博多歴史館」(入館料300円、地下鉄一日券で割引)は山笠に関する資料や実際の追い山の映像、そして奉納された刀剣が展示されています。ちょっと見づらいですが、銘 光世の太刀(書いてある来歴がなかなかすごい)などが展示されているので、興味のある方はぜひ。
博多歴史館(櫛田神社境内)

ちなみに、近くの博多町家ふるさと館(展示棟は入場料200円(地下鉄一日乗車券で割引)、町家棟・みやげ処は無料)とはかた伝統工芸館(入場無料)も博多の文化や伝統工芸を知ることができて、そこそこ楽しく、観光した気になれると思います。
博多町家ふるさと館内部(1F)
写真は博多町家ふるさと館展示棟1階の一部(撮影可能)。

住吉神社

■おすすめポイント:「星守り」という星空をイメージしたお守りがネットで度々話題になる。現在の本殿は黒田長政が建立

博多駅博多口から出て左の大きな道、代ゼミやANAクラウンプラザホテルに伸びる「住吉通り」を約800mいったところ右手、ビル街の中の森の中にあるのが、筑前國一之宮 住吉神社です。
住吉神社楼門

個人的な神社の原体験がここなのであまり冷静に書けないのですが、まず本殿が黒田長政が再建したもの(写真は賽銭箱のところに禁止マークがあったのでないです)。

そして最近、ここで頂ける「星守り」がとても可愛いとTwitterなどで度々話題になっています。
住吉神社の星守り
裏面には北斗七星がデザインされています。

あと、また写真がないのですが、大博通りの博多古図プレート(「左文字鍛冶」の文字がある)の原本である博多古図(住吉神社所蔵)が表面に印刷された「博多古図絵馬」も頂くことができます。
博多古図プレートアップ
写真は大博通りの博多古図プレート(ほっともっと上呉服町店前)


つくづく雑な解説で申し訳ないです。もう少し書き換えたい気持ちはあるのですが、気力が限界……。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply