刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

福岡市博物館にて新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」開催決定!

昨日、福岡市博物館から割とビッグなお知らせが飛び込んできました。



圧切長谷部公開とほぼ同時にある特別展、第29回新収蔵品展の看板に謎のスペースがあるよ、というツイートをしていたので気にはしていたのですが、2室ある特別展示室の1つを使って刀剣・甲冑をテーマにしたプチ特別展をやるとは……。



「黒田家の刀剣と甲冑」のある特別展示室Bは、福岡市博物館正面から入って2階右側、去年の1月だとフィンランド展をやっていた特別展示室の1つ。殆どの特別展では広い方の特別展示室Aとつなげて展示が行われている、小さめの部屋(4つある企画展示室を合わせた程度より少し狭いくらい?)なので、どこまで展示ができるかよくわからないのですが「歴代藩主甲冑が15年ぶりにほぼ揃う」、「へし切のエピソードが書かれた古文書も登場」とあるので、そこも見ものだと思います

ちなみに、「へし切のエピソードが書かれた古文書」は、昨年5月の立花家史料館文化講座「へし切と雷切、その主たち―俺色に染まれ―」というものすごいインパクトのあるタイトルの講座(簡単なレポはこちら)の第1部で話が出てきた古文書が中心になるのかな、と思っています。
個人的には第11代藩主黒田長溥が圧切を普段指ししていたという「黒田家刀剣台帳」(福岡市博物館蔵)と第3代藩主黒田光之が刀剣(圧切はリストにはないけれど)をどれだけ大切に扱っていたかがわかる「光之公御代覚書」(福岡県立図書館)あたりが見れたら嬉しいなー、と思います。
あと、しはくさんのことなのでキャッチ―なコピーがついたキャプションにも期待。



審神者向け福岡観光プラン2018冬は、いまのところ白紙です。ぶっちゃけもうネタ切れしてます。
ただ、2017冬プランだと、コラボ缶バッジが買えないという欠陥があるので、コラボがあるならそのあたりを修正しようかなー、と思っています。コラボの有無は、しはくさんetc.次第なので、全くわかりません。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply