刀剣乱舞-ONLINE-(とうらぶ)のプレイ日記です。個人的に記録をとったり、素人ながら実際の刀を見に行ったり。審神者向け福岡観光案内も。

刀ミュ用のうちわを作ってみました

2018/11/18:うちわ文字作成アプリファンサーズの紹介を追記。らぶフェス用うちわ作成に使ってみたので、ごく簡単な説明を書きました。ちなみに、今後、この記事の第2弾を作成する予定です。
2018/09/22:柄巻きうちわ作成方法のTogetter、ツイ主さん非公開アカウント化のため画像が見れない件を追記
2017/12/04:桜の花びらのペーパーパーツ購入ページへのリンク追加(フェリッティ社公式サイトはPDF、Amazonは在庫切れのため、ロフトネットストアのページです)
2017/11/03:公式ルールで許されていない、モール装飾うちわの写真(ぼかしてますが一応某応援上映で作った自作です)、A4に印刷した文字の画像を追加。
2017/10/14:なんかいっぱい見てくださっているようなので、感謝。モール使用禁止であることを追記。


刀ミュ幕末天狼傳公演用に初期刀の蜂須賀と長曽祢の虎徹兄弟を応援するうちわを自作してみました。

こういううちわを作るのは昨年、某「世界が輝いて見える」応援上映が話題になった映画で初めて作ってから2回目のど素人、しかも予算が割けない・センスない・器用じゃない・計画性もないの四重苦。
それでも、これからうちわを作ろうとしている方の反面教師にでもなればと思い、私流の作り方を晒します。

ちなみにこれでファンサはいただけなかったので、ファンサが頂きたい方はもっと文言とか色々工夫する必要があるので、そこら辺は自分で頑張ってください

蜂須賀応援

長曽祢応援

改めて見て思いますがセンスないですね……。

使ったもの


  • 応援用デコうちわ黒(ダ●ソーで売っていた約30cm×41cmの。持ち手除いて規定の30cm×30cm以内であることを確認。ちなみに●イソーには約29cm×42cmのも売っている)
  • コピー用紙(A4) 1面につき2~4枚以上
  • プリンタ 本来ならコピー紙以外・A3まで印刷できるものが望ましいのですが、諸事情によりコピー紙に印刷
  • フォントの大きさを変えて印刷できるソフト(Illustratorを使ったけれど、Wordとかでもできるはず)
  • 好みの色の紙(※ホログラム等反射する紙は禁止
    ※文字や背景などの大きく使いたい色はできるだけA4以上の大きさの紙を選ぶ
  • 桜の形のペーパーパーツ(任意。私は株式会社フェリッティのペーパーチップス さくら Sさくら Mを使用)
  • のり(手持ちのスティックタイプののりを使用。ただし強力なスプレーのりが多分ベスト)
  • 定規
  • カッター、はさみ、カッターマット

【追記】下の写真のように縁にモールを貼るのはダメです(取れる可能性があり、更に反射で光るので)。
モールつきうちわ(刀ミュNG)
詳しくは公式サイトの応援グッズについての項をご覧ください。ルールを守って楽しく応援!

一番最初にうちわを作ろうとしたときフリーハンドで大失敗した経験からいって、文字とかはよほどの自信がない限り、プリンターで印刷してその通りに切るほうが見栄えがいいです。
私のプリンタは故障して廃棄したので、妹のプリンタを借りました。妹のプリンタを壊すと我が家からプリンタがなくなるので「特殊紙に印刷したい」とはいえず、A4の紙に白黒で文字などを印刷し、それを裏から切りたい色の紙に貼って切り出すというかなり面倒臭い手段を取りました。

うちわのサイズはA4の用紙を横向きに置いたのより少し大きい程度なので、文字やデザインはA4か、全体でA4を少しはみでるくらいになるようにするとよい感じになると思います。


作り方


【追記(2018/11/18)】
昨日見つけたのですが、iOS/Android用アプリで「うちわ文字作成!ファンサーズ」という、うちわ文字作成用のアプリがあります。
うちわ文字作成!ファンサーズ
うちわ文字作成!ファンサーズ
開発元:shimpei kanemitsu
無料
posted withアプリーチ

このアプリと大手コンビニ3社のうちどこかのプリンタさえあれば、パソコン・プリンタなしで、比較的簡単にうちわ用文字などを作成・印刷ができます(※プリンタを使わない場合はネットプリントサービスへの会員登録が必要)。

複数のフリーフォント(漢字など非対応のものあり)が入っていて、文字・縁取りの色・大きさ/幅、そして位置をわりと感覚的にイジることができます。
うちわ文字作成アプリ「ファンサーズ」使用例(起動後)
また、画像の読み込みにも対応していて、カメラロールにある好きな画像を取り込むことが可能です。

気に入ったものができたら画像を出力して(型紙用に反転出力が可能)、その画像を別アプリ(アプリへのリンクが起動時のメニューがある)で大手コンビニ3社のネットプリントサービスに登録。それをコンビニでA3に出力すれば、ちょっと画像の解像度が甘いですが、パット見いい感じの文字などが出力されます。

うちわ文字作成アプリ「ファンサーズ」で作った文字(上)と、それを型紙にして切り出した文字(下)

ローソン・ファミマのサービスで試しに出力したのですが、A3に無理やり拡大したせいか、ちょっと境界線のあたりが白黒だとボケが、フルカラーだとギザギザとしていました。
うちわ文字作成アプリ「ファンサーズ」で作成した画像をA3で出力したもの(アップ)

高解像度の出力と回転に対応してくれたら、本当に神アプリです!

【追記ここまで】
文字切り前の仮置き。


上の写真でいうと具体的には「蜂須賀/っこ/良い!」「推して/参る!」は一度A4におさまるように印刷して、漢字6文字だけ大きく(A4のままで全部印刷しようとするとはみ出るレベルに)してもう一度印刷しています。  
【追記】作ったときのデータが出てきたので、具体的な例として提示。
刀ミュうちわ用文字(A4の紙_1)
刀ミュうちわ用文字(A4の紙_2)


ちなみに、これらの文字や刀紋は大昔に買ったIllustratorというソフトで作りました。フォントはIllustratorか何かのインストールで入っていた小塚明朝Pro6N。
1回目に作ったうちわのフォントは定番の「HG創英角ポップ体」で、ウロコが無く楽だったのですが、今回はウロコがある明朝体で、文字を切るのが多少面倒でした。

全て印刷してそれをざっくり切って上の写真のように配置を決めたら、次は文字や背景の形に用意した色紙を切っていきます。

まずは背景となる刀紋。下の画像の長曽祢さんの紋の紙は、作業中暗くて気づかなかったけどパールが入っていたので、反射のことを考えて念のためこの後普通の灰色の紙で作りなおしました。


背景の刀紋を切り終えたら、次は文字。
ジャ●ーズとか●流アイドル応援うちわを作ってる切り文字屋さんにまかせたら綺麗なのでしょうが、そんな予算はないので、全て手作りします。

一番最初に作った長曽祢さんの文字の方は途中経過を写真に撮っていなかったので、蜂須賀さんの方の写真。
文字を裏返しにして貼って、

定規とかを使ってできる限りきれいに切り出すと

こうなります。蜂須賀の3文字切り出すのに約1時間かかりました。あと接着の都合で勝手に横の細い画を勝手に太めにしています。

勝手に弄っててなんですが、文字を切るたび「フォントをデザインする方は凄いな」と思います。


文字を全て切り出し終わったところで、長曽祢さんの面の文字配置。刀紋の灰色が明るすぎて文字が一部見えにくいですね。あと下の方がなんとなく寂しいです。

背景に白のだんだら模様を足して再び文字の仮置き。
うちわ本体は目立ちますが、文字の可読性が一段と悪化。
 
と、いうことで、文字に黒い縁を足して、字が目立つようにすることに。特に「推」の字を目立たせたかったのでこの字の周りだけ全て黒い紙で縁を作り、残りは右斜め下に影のように黒い紙で縁を着けて貼るようにしました。

まずは文字の裏にのりをつけて黒い紙を貼り、定規で文字の縁をつけたいところの重要な全てのポイントにつけて4mmの印をつけ、それらを結ぶ線を一応ひいたらその線に沿ってハサミや定規・カッターを使って切りました。


これでもさっきの仮置きに比べたら大分よくなりましたが、ちょっと寂しく感じたので、戦意高揚や顕現時の桜吹雪をイメージしてロフトで売っていた桜のペーパーパーツを2種類購入。さすがに小さな桜と花びらを全て切る気力はありませんでした。
ちなみに使ったのは株式会社フェリッティのペーパーチップス さくら S と さくら Mです。店頭で探すならスクラップブッキングのコーナーにあると思われます。

このペーパーパーツには、それぞれ色味の違う桜の花の形の紙が4種類6枚ずつと花びらの形の紙6枚が入っていて、Sサイズのを主に使用しました。


一方、蜂須賀の面。ペンライトの色から蜂須賀のイメージカラーは紫だと分かっているのですが、目立ついい感じの紫の紙とかボードがなかったので、鎧の金色っぽい蛍光(マンゴー)を選択。背景に髪の色っぽい薄紫で刀紋を入れました。

切り上げた深夜の勢い(キラキラも作りました)で接着したものの、長曽祢の黒縁文字を見た後だと読みにくいですね。

しかし長曽祢のものと違い文字も接着した後だしどうしよう、ということで、最終手段、紫の太いマーカーで、文字と紋が重なるところを囲ってみました。
一応試しに別の小さな切れ端を使ってどういう効果がでるか試してみましたが、計画性がつくづくないですね……。

そして囲った結果がこちら。さっきよりはマシな気がします。
「明るい色の文字は暗めの色で縁取ったほうが見栄えがよい」、それだけでも覚えていただけたら嬉しいです。


あと折角の機会なので、うちわの持ち手をTogetterにまとめられた柄巻うちわ作成方法(2018/9/22 追記:※現在、リンク先はツイ主さんアカウント非公開化のため画像参照不可能のため注意。「柄巻き 巻き方」や「諸捻り 巻き方」あたりで検索すると私の記憶とほぼ一致する巻き方を解説したサイトが見れます)のツイート一群を見ながら、柄巻した風にしてみました。

最後苦戦しましたが、「紐を結ぶこと」と、「手芸本の手順図解を理解すること」が「苦手なことTop5」に多分入るくらい苦手な私にもできました。
家にあった細めのゴム紐で作りましたが、紐の長さが結構必要で(結果1m以上必要だった)、最後の最後で紐の長さが足りず、もう一度巻き直しました。





ちなみに花丸第一話を見てギリギリまで悩んだ蜂須賀うちわの文字。

一瞬で蜂須賀を応援していると分かってもらえるか微妙だったので、没にしました。
関連記事

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply