05
2016

蛍丸サイダーを購入しました

CATEGORY
<2017/3/21追記>
・博多駅「阿蘇産」閉店(2016/12末)に伴い場所関連のところ打ち消し線。お疲れ様でした。
・博多駅 Peace Valley Street「酒の九州」さんでの取り扱い追加



戦力拡充計画がはじまりましたが、基本捜索までクリアしてさだちゃん探ししてます。早く拡充計画でレベリングしたいー!




日曜日に、博多駅1階デイトス「いっぴん通り」と博多阪急入口のそばに期間限定(デイトスのページには12/31までと書いてある)で出店している阿蘇の物産品売り場「阿蘇産」で、阿蘇市の酒屋阿蘇・岡本さんの蛍丸サイダーを購入しました。
蛍丸サイダー

九州の地方紙、西日本新聞の記事によると「発売1カ月で3万5千本を出荷」で「生産が追いつかない状態」らしく、「阿蘇産」がオープンしてから2、3回覗いたのですが蛍丸サイダーがあったのは今回が初めて。その時点では30本以上残っていたので、用事を済ませてから阿蘇ミルクチーズプリンと一緒に買いました。

蛍丸サイダーの栓

きれいな蛍光色は瓶の色ではなくサイダー本体の色です。

蛍丸サイダーラベル(正面)

刃こぼれした蛍丸と蛍が描かれたラベルロゴの上の方には「阿蘇神社門前町水基の天然水から生まれた」と書いてあります。
今度、安宅切遠征ガイドのおまけの熊本日帰りプランのために阿蘇神社と門前町商店街について調べたのですが、門前町商店街はいい雰囲気のところでした。「水基」というのは商店街の中にも多数ある湧水の水飲み場だそうです。阿蘇は水も豊かでいいとこなんですよ。残念ながら今回はちょっと行けそうにないんですが……。

話をサイダーにもどすと、ラベルの横には蛍丸の由来が。
蛍丸サイダーラベル(蛍丸の由来)
全部読めるようなのだとアレかなと思いピンボケしている写真を選びました。気になる人は手に取って読んでください。

で肝心な味について。これは飲んだ直後に感想を呟いてるので掲載。


もうちょっと付け加えるならば、炭酸がきつくないので炭酸が苦手な私でも飲めました。「微炭酸」とかでも結構トゲトゲしく感じるのですが、このサイダーは口当たりが本当に優しいです。あと「マスカット」がむやみやたらと主張してきません。このサイダーは全体的にやわらかい感じです。

もうご存知の方も多いと思いますがこのサイダー1本300円のうち100円は楼門等の再建費として阿蘇神社に寄付されます。
「売り上げ目標は100万本」だそうなので、よければぜひ購入してもらえればと思います。
「阿蘇産」の場所はちょっとうまく伝わるかわからないのですが博多駅の筑紫口(地味な方、新幹線改札のある方)にある「いっぴん通り」を博多口側に入ったところ、シアトルズベストコーヒーとか駅の事務所とか博多阪急の入口が近くにある臨時の店で冷蔵ケースが2個置いてある簡単なショップです。サイダーは毎日入荷しているかはわかりませんが、8:00~22:00までオープンしているそうです。
<追記>
場所についてもっとわかりやすい表現を思いつきました。いっぴん通りの一番奥、「鈴懸」(福岡で人気のオシャレな和菓子屋)の向かいです。

<2017/3/21追記>
現在、全国各地のアニメイトでも販売されているようですが、博多駅の地下1階Peace Valley Street、ハカタ9の角打(立ち飲み)「酒の九州」さんでも取り扱いがあります。1本400円。
入口に「歓迎!審神者」「蛍丸サイダーあります」と筆で書かれた貼り紙があるので需要把握済ですねw

あと、阿蘇神社復興プロジェクトで通販しているようです。

ちなみに一緒に買った阿蘇ミルクチーズプリン(300円)も超美味しかったのでオススメです。
阿蘇ミルクチーズプリン
家族にプリン好きがいるので色々な店で買って食べるのですが、これはかなり美味しいと思いました。
とろっとしたプリン部分だけ食べるとたチーズケーキ味、下のカラメルを絡めて食べると濃厚なプリンになります。
関連記事

0 Comments

Leave a comment