23
2016

平野藤四郎・極!

本題の前に2つ。
1.水曜日に柳川市にある立花家史料館に行って、文化講座「へし切と雷切、その主たち―俺色に染まれ―」を受講してきました。すごく興味深い内容でしたが、まだちょっとうまくまとめきれないので感想などはしばしお待ちください!
2.PC版サイドバーの「福岡近辺の刀剣展示情報」 に福岡市美術館に6/19まで展示される「短刀 一口」(※銘 来国光、丸岡藩藩主本田成重が徳川家康から拝領)を追加しました。全然ノーマークだったから、行ってびっくりしました! 立花家史料館文化講座の内容を考えると、この刀の持ち主とかの変遷が非常に気になります。

---
昨日寝落ちして書けなかったのですが、修行に送り出したうちのチュートリアル鍛刀、平野藤四郎が「極」になって帰ってきました。
他の3口はシルエットで見た目の変化がなんとなくわかったのですが、平野くんはそれほど変わったように見えなかったので、ドキドキしながらゲームを起動。

以下平野藤四郎・極画像バレ注意。



平野くん・極。

平野藤四郎・極
ちょっと華やかになりましたね! この色使い使いすきです。
早速刀帳の全グラフィック回収しましたが、真剣必殺脱ぎっぷりがよくなってるw 上着とシャツはどこへ消えたw

ゲームのキャラクターとしてみると、2スロ化は予測してたのですが(これで銃兵×2という「死ななきゃ安い」戦法が取れるw)、昼戦でも遠戦回避可能ってすごい!
そしてステータス初期値は3度見。隠蔽が3桁で偵察も92ってどういうことなの……。ほとんどのステータス打刀の宗三左文字(初期値)より高い……怖い。これからステータスのインフレが起こらないかちょっと心配です。


あと順番前後しますが、修行中に送られた手紙はヤバかったです。2通目の最後の一言はちょっと怖かったけど。
関連記事

0 Comments

Leave a comment