30
2016

博物館撮影時にはフリッカー現象に気を付けて

カテゴリどうするか迷ったけれど、福岡市博物館関連なのでとりあえず観光ガイドカテゴリで。

某日の閉館間際のギャラリートーク風Q&Aコーナーのときに、「友人が撮った長谷部の写真が緑っぽくなっている」と尋ねられた方がいました。その時は学芸員の方も「ちょっとわからないですね」で終わっていました。
が、奇しくもその日、自分の撮った展示室内の写真にはどの写真にもうっすら黒い横縞が何本も……。
せっかく撮ったのに変な写真になってしまうと、本当に残念な気持ちになりますよね。
フリッカー現象の例(横縞)

ということで気になって調べたら、カメラの故障でも心霊的なものでもなく、照明で使われている蛍光灯の点滅が原因の「フリッカー現象」によるものだとわかりました。
日本号と圧切長谷部(というか企画展示室全部)の真上の照明は蛍光灯です。多分そのせいです。
福岡市博物館企画展示室2の照明(蛍光灯)

詳しいことはステップアップ デジカメ使いこなし教室!さんの蛍光灯は実は点滅していますというページを見ていただけると、上述の「緑っぽく」なっている写真が上がっているのがわかります。
自分のデジカメも取扱説明書を見ると、
電子シャッターで撮影時は蛍光灯・LEDなどの照明下では横しまが撮影されることがあります

と書いてありました。

対策としては
シャッタースピードを遅くすると横しまが軽減することがあります

と書いてあるのですが、何せカメラド素人な上買いたてでよくわからない、ということで、カメラ買った店で聞いてきました。
この現象自体は室内がLEDだったりインバーター式の蛍光灯だったりで再現できなかったのですが、フリッカー現象だろうということで、どうすればよいのかカメラのメーカーの直売店(そこで買って、わからなかったら何でも聞いていいと言われたので)聞いてきました。
結果、シャッタースピードを1/60(西日本の周波数と同じ)にするのが一番ではないか、と言われました(蛍光灯は1/120秒に1回点滅しているらしいので1/120にするのが本当はいいのかもしれませんですが……)。

とりあえずシャッタースピードを1/60に設定して別日に撮影すると、縞は発生しませんでした。フリッカー現象が発生したときに撮ったときには1/60でも薄ら出たこともあったのに……これは運?
圧切長谷部(少し斜めから)


問題はシャッタースピードを細かく設定できないコンデジや、スマフォなんですよねー。
自分の持ってるコンデジはシャッタースピードの最も遅い速度を設定できるので、まだ何とかなりそうな気がするのですが、問題はスマホとかの携帯内臓カメラ。3年前購入のスマホではシャッタースピード関連のメニューが一つもありませんでした……。
関連記事

0 Comments

Leave a comment