「へし切長谷部」のレプリカを見に行ってきました

ちょっと前の話になるのですが、雨がパラつく中「へし切長谷部」のレプリカを見に、福岡城跡とそこにある「福岡城むかし探訪館」、あと個人的趣味で鴻臚館跡展示館へ行ってきました。
へし切長谷部レプリカ(アップ)

想像以上に面白かったです! しかも「無料でいいの?」という感じ。
※以下写真大量注意
へし切長谷部の話は真ん中よりちょっと後ろあたり?
自分の中でなぜか「福岡城は大濠公園の近く」とイメージがあったので地下鉄の大濠公園からスタート。
福岡城は本当に花見でしか行ったことがないもんで……。

お濠沿いを歩いて7分くらいすると見えるのが、日本号を福島正則から呑み取った母里太兵衛の屋敷の長屋門(移築したもの)。
母里太兵衛邸長屋門

母里太兵衛邸長屋門看板
呑み取りの話もちょっとだけ書いてあります。

長屋門の隣をすぐ右に曲がると、名島門。名島城という城の門だったから名島門だそうです。
名島門
私の腕が悪いのでアレですが、小雨の降る名島門は結構フォトジェニック。

門をくぐって人気のなさに怯えながら行くと、いつの間にかできてた「三の丸スクエア」という展示施設があります。
三の丸スクエア(旧舞鶴中学校)
三の丸スクエアは元が中学校の建物で、福岡城と鴻臚館について簡単にまとめた展示のある施設。
如水庵の福岡城店ってのはここにありました(喫茶スペースで、筑紫餅ととっとーとは買えましたが、どら焼き「日本号」は売ってませんでした)。

長屋門まで引き返して、道の反対側を渡って平和台陸上競技場を横に歩き進めると、いよいよ福岡城。
P1020274.jpg
木々が生い茂る中、たまにある看板の地図に従って歩き進めます。

福岡城本丸跡

福岡城本丸跡
木々の中、ぽつんとある「本丸跡」の石碑。

福岡城天守閣跡

天守閣跡の少し急な階段を滑らないよう気を付けて上がると福岡市を一望でます。

福岡城天守閣からの眺め(福岡タワー・ヤフオクドーム)
本物のへし切長谷部や日本号を所蔵する福岡市博物館は福岡タワー(写真中央すぐ左の建物)のすぐそば。


福岡城マップ
本丸跡に戻って、この地図の番号を最後から遡る(つまり逆の)ルートを辿ってるのですが、ここで5分ほど迷ってしまいました。
雨だし人も本当にたまにしかすれ違わないし、ちょっと不安になりながら歩き回って、降りる階段を見つけました。

福岡城石垣
木々の緑と濡れた石垣の様々なグレーの色味がいい感じ。

大きな階段を下りて外へでると、福岡城むかし探訪館がぽつんと建っているを見つけました。
近くによってパチリ。
福岡城むかし探訪館外観

福岡城むかし探訪館内部
入ると、旅行にきていたグループにボランティアのおいちゃん(博多弁で「おじちゃん」の意)が福岡城と黒田官兵衛・長政たちについて、大河ドラマの話をしながら説明をしている真っ最中。
聞き耳を立てながら、展示を見ることにしました。

へし切長谷部レプリカ
入って左手にあるのがへし切長谷部のレプリカ。
鞘の部分の金霰が、本物の拵えの写真と比べると荒い感じ(ザラついてるというか)がしましたが、常設展示されていて、写真が撮れるというのはいいですね。ボランティアの方の解説も聞ける(時間帯によるけど)のもポイントです。

とりあえず自分が聞いた範囲だと、本物は国宝に指定されているため常設展示できないそうで(逆に「銘がないから国宝になれなかった」らしい日本号は常設展示できてるのか?)、「刀身はすっとしている」そうです。
来年1月に本物が福岡市博物館に展示されるので、そのとき金霰の部分と刀身がどうなってるか確認しようかと思います。

福岡城むかし探訪館年表
パネルによると1575年(天正3年)、官兵衛30歳のときにへし切長谷部を信長から賜ったと書いてあります。
あと実装されるかどうかはわかりませんが、へし切長谷部、日本号と並んで福岡市博物館に所蔵されている国宝の太刀、「日光一文字」が1590年に北条氏から官兵衛に贈られる、と書いてありました。

で、折角ここまできたので、個人的趣味ですぐ近くにある鴻臚館跡も見に行くことにしました。
鴻臚館跡展示館
こっちも入場無料。入口でどこから来たかを簡単に印をつけるアンケートに答えるだけ。

鴻臚館跡展示館内部
中は発掘した状態をそのまま保存している部分と、礎石の上に建物を再現した部分、そしてそれらを囲むように発掘品が展示されています。
中央の発掘現場の方は、地面のそばまで下りて見ることができるので、なかなか楽しいです。
周りの発掘品は、中国やペルシャから来た陶器片や、日本最古のトイレ跡から出土したトイレをした後ふく木片なんかが展示されています。全然刀剣関係ないのでこのくらいで。

鴻臚館跡
建物を出て鴻臚館跡をあるいて、むかし探訪館を通り過ぎて赤坂側からパチリ。
黒いフェンスの内側は全部鴻臚館跡で、右奥に写ってる小さい建物がむかし探訪館。

自分は天神方向、とりあえず赤坂駅に行きたかったので、裁判所の方へ降りていきました。
福岡城入口(赤坂側)

西鉄バスで行く場合はこの辺に「福岡城・鴻臚館前」というバス停があるみたいです。
全部ゆっくり回ったら2時間強かかりました。

福岡に来て時間に余裕のある方は、ぜひ福岡むかし探訪館へどうぞ。
探訪館単体だったら「福岡城・鴻臚館前」か地下鉄の「赤坂」が近いです。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE-
ジャンル : ゲーム

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

かりおか。

Author:かりおか。
豊後国初日組の鳥型審神者。
刀帳は全て埋まっています(2017/5/13時点)。
細々とデータをとりつつ、まったりプレイしてます。

リアルでは筑前国に住んでいて、実物の刀剣に興味津々。

御用の際はtwitterか、以下アドレスにどうぞ。
メアド
内容によっては返信遅くなることご了承ください。

※本文中のスクリーンショットの著作権はDMMゲームズ/Nitroplusにあります。

最新記事
(加筆)E-3で小狐丸&物吉貞宗ドロップ!:「戦力拡充計画」2017/05 7,8日目 2017/05/17
マップ全踏破&イベント任務全てクリア!:「戦力拡充計画」2017/03 6日目 2017/05/14
不動くんドロップ&極!:「戦力拡充計画」2017/05 2~5日目 2017/05/13
マップは埋めるものではなく埋まるもの:「戦力拡充計画」2017/05 1日目 2017/05/09
イベント任務完遂!:「地下に眠る千両箱」(2017 4,5月) 2017/05/08
検索フォーム
福岡近辺の刀剣展示情報
福岡近辺の刀剣展示情報。手動更新。
  • 常設 日本号@福岡市博物館
  • 常設 博多歴史館(櫛田神社)
  • 常設 太宰府天満宮宝物殿
  • 4/4~5/28:刀 大仙兼元@福岡市博物館
  • 4/7~7/3:特集展示「刀を見る、伝来を知る-柳川藩主立花家の刀剣-」@立花家史料館
  • 5/30~7/30:刀 名物「岩切海部」@福岡市博物館
  • 10/3~11/12:脇差 名物「碇切」@福岡市博物館
  • 2018 1/5~2/4:国宝 刀 名物「圧切長谷部」@福岡市博物館
  • 2018 2/6~3/4:国宝 太刀 名物「日光一文字」@福岡市博物館
ランキング