30
2016

花丸第二話&第三話感想

今更かよ、という感じですが刀剣乱舞-花丸-の第二話と第三話を見た感想を書きたいと思います。
これを書いている時点で最新話は第四話でもうBS11とニコ生一挙放送で視聴したのですが、まだ見たりないのでもうしばらく後に。


※上の画像はアイキャッチがわり。Amazon「刀剣乱舞-花丸- 其の二」Blu-ray特典なしへのリンクとなっとります

第二話を見るにはもうおそらくどこも有料(docomo以外のキャリアと契約していてもdアカウントを作れば見れるdアニメストアなら初回限り30日無料のはず)です。
DMMだと本編のみ216円の他に「オリジナル映像つき」なんてものもあるようです。気になるけれどちょっと踏ん切りがつかない……。
第ニ話 刀剣乱舞-花丸- (オリジナル映像付き)

私一押しの第三話はまだギリギリニコニコ動画などで無料で見れるので、もしよかったら見てください。

花丸はテレビで見ても当然いいのですが、イヤホンつけて動画を見るとガヤが良く聞こえる(特に第二話が面白い)のでそれはまたオススメです。

あと、ED曲が二話三話ともに最高。発売してすぐに特装版を買いにいきました(思うところあって下の画像は通常版、特装版の画像&リンクは続きに置いてます)。



以下、第二話&第三話の感想。
核心はぼかしていますが微妙にネタバレしてます。しかし、見た人しかわからない内容になっていますので注意。


第二話


朝の鶴丸の顕現シーン。顕現ってああなってるんだなー、と(鍛刀したのかな)。

当番発表、長谷部が「ババン!」って効果音言ったり、むちゃくちゃ乗り気で楽しそうだなー。
主お世話係の発表もドヤってて、最後まで話聞いてもらえないところが色々可愛いw

そして本丸案内。
露天風呂。「この本丸」という台詞は露天風呂のない本丸もあるんですかね。
次に洗濯は川なんですね。山姥切の布を洗いたい歌仙w
そして謎の柔軟剤のCM風シーン。白シャツにズボンになってて一瞬「何事!?」と戸惑い笑いました。ふわふわ~!
畑当番はキャベツを食べたがる鳴狐のお供と本体w このあたりから後ろの方で同田貫が地味に武器探してるのがツボ。
馬当番は馬の名前の適当さがw
手合せでヤバいオーラだす同田貫もw

そして掃除当番。
乱ちゃんを女の子と間違えるというのは二次創作でありそうなネタ(アンソロでもあった)なんですけれど、同田貫が見間違えるのは珍しい感じ。
蜂須賀推しとしては、加州に捨てていいかと聞く、蜂須賀の怒りとか諦めとか色んな気持ちを通り越して感情を失った感じが、すごく人間臭く感じて面白かったです。

審神者の姿や声が徹底的に見えないのは気になるところ。

後半(Bパート)は信長関連の刀+沖田組が本能寺に行く話。
安定が元の主との関連を悩むところと、それを見守り、それとなく助ける加州が印象的でした。

戦闘シーンは人間離れした動き(ジャンプの高さとか)が多くて、刀剣男士ってやっぱり人間じゃないんだなーと感じました。
真剣必殺の謎、「なぜ脱げるのか」も解けたのですが、また新たな謎が増えた気が(主に虎徹兄弟)。

あと、最初の当番の発表のときの鳴狐のお供の狐と、最後のパーティのガヤ(特に同田貫)がなかなか面白いので、もしご覧になられる環境お持ちでしたら、イヤホンを刺して視聴することをおすすめします。

そしてエンディング。
第三話の方でも語るんですが、まず曲がむちゃくちゃ好み。
第三話の曲とは違ってかなりシリアスな感じなんですが、御三方本当に歌がうまい!
映像も綺麗で、現存する宗三・長谷部と焼失した薬研の描かれ方の違い(考察勢ではないので深くは書かないです)がなんか心にキました。



第三話


暇さえあればリピートして見ている第三話。もう本当に「心が洗われるってこれのことか」という感じで、癒されたいときに見るようにしています。
第四話もそうなのですが、第三話はCM前のAパートとCM後のBパートに話が微妙に分かれていたので、Aパート、Bパート、そしてお気に入りのエンディングと3つに分けて書きたいと思います。

Aパート


Aパートは公式サイトのあらすじにあるお話。簡単にいえば平野くんのわらしべストーリーなのですが、途中に出てきた品々が刀剣男士の個性が色濃く出たもので、見ていて非常に面白かったです。全員ではないですが、個人的にツボだった刀剣男士の感想。

平野
うちのチュート鍛刀が健気で丁寧でかわいい!!!!!
心遣いのできる子で本当に見ていて、花丸スタッフの皆様に感謝しかないです!
同田貫
先週(この本丸では先月か)顕現したばかりなのに、もう部屋を完全に自分仕様にしているし、不運(というかドジっ子?)ながら現世を思いっきりエンジョイしているようで何より。
歌仙
歌仙さんもかなり本丸ライフをエンジョイしている感がありましたね。慌てず普通に顔を拭いてるのが可愛いなと思いました。
あと持ってる本が「文系」という割に理系というか博物系で、他の本とか持ち物が気になりました。
まんば
まずゲーム内の台詞を(アレンジ入りで)ちゃんと使っていて嬉しかったです。
そして、ああなった理由を聞いて、まんばもちゃんとこの本丸での生活に馴染もうとしているんだなと、なんか嬉しくなりました。
にっかり
登場シーンの髪が乱れている姿がすごく綺麗。言ってることはまあ平常通り(?)おかしいのですがw
いつもの意味深発言もちゃんとしていて、「ああ、にっかりだなあ……」と。ちゃんとつっこむ平野くんも素敵。
小夜ちゃん
平野くんの持っているものに反応してぷるぷる震えているのがすごく愛おしかったです。
小夜ちゃんは第三話Bパートもすごくかわいいので、お小夜好きには本当におすすめ。

そして蜂須賀。まずあの内番服に地味に金に光る鍬を持ってて、そこが可笑しい。どこまで輝いてるんですかw
宗三の「竹馬の友」を高らかに笑いながら乗りこなす姿は「楽しそうでなによりです」としかいいようがない。お礼に差し出すものも蜂須賀らしいな、という感じですね。蜂須賀は甘いのもイケると。
個人的にはうちの初期刀とチュート鍛刀が直接会話しているというだけでもう感謝、感謝、感謝。

Bパート


どう書いても直球のネタバレになるので詳細書きませんが「いち兄と江雪さん連れてくるの遅くてごめんね……」となるパート。
骨喰と宗三がわりとエキセントリック&危険。でもそんな宗三をみてちょっと嬉しそうな小夜ちゃんが可愛い(このパート小夜ちゃん本当にかわいい)。
大和守ナイスアイデア!

エンディング


エンディングは粟田口短刀(前田藤四郎、薬研藤四郎、五虎退、乱藤四郎、平野藤四郎、厚藤四郎)による合唱。
本当に「心が洗われる」とはこのことを指すのですね。優しい曲で丁寧なハーモニー。歌詞も本編と合っていて……。
もうあまりに二話、三話のED曲が好きすぎて、刀ミュと刀ステのチケットで予算に余裕がないのに歌詠集其の二特装版を買ってしまいました。

内容物は上の写真の通り(シールのネタバレになるので冒頭の画像を通常版にした)のですが、粟田口短刀の集合イラストの破壊力の高さ。
両面のジャケットの線画イラストいりの「歌詞かあど」がついているのですが、歌詞が……うん。
特に第三話ED「花の薫りは叶枝垂れ」は2番が終わった後、TVサイズにない盛り上がるパートがあるので気になる人は買って聴いてみてください。2曲とも良い曲なんでおすすめです。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment