19
2016

福岡から熊本・玉名まで「同田貫 Ⅴ」を見に行くためのメモ #審神者福岡旅 番外編

・2016/12/11 22:45 玉名観光協会の「ガイドとめぐる 肥後の豪刀「同田貫」と西南戦争秘話」が現在も開催中であること・熊本城香梅庵で歌仙拵の展示が終了していること・とんちんかんの1/22の営業について追記
・2016/11/21 20:15 1/22の講演会があること記載・「延寿」「同田貫」いい感じバスツアーのときに撮った同田貫碑の写真を追加
・2016/11/02 23:15 とうらぶコラボがないこと記載。無くても行くけど!
・2016/10/07 22:15 福岡Walker2016年10月号の玉名特集がKindle版でも読めることを記載
・2016/9/25 20:45 福岡市内(福岡市博物館、西鉄福岡駅、博多駅)の地図追加
・2016/9/25 19:00 大葉さん作成地図に乗っている繁根木八幡宮(大葉さんコメントつき)、お菓子・蓮華院誕生寺奥之院についてのささやかな説明追加 m_ _m 大葉さんに感謝。あと福岡Walker10月号の別冊が玉名特集とのこと
・2016/9/25 16:30 大葉さんによるラーメン店の行列とビスヌについての情報、及び店休日についての注意追記。他、細かいところ色々修正
・2016/9/22 22:30 公共交通機関での行き方の「3.新幹線で熊本まで行き、在来線乗換」で熊本の行先として島田美術館追記
・2016/9/22 21:30 Googleマップに玉名ラーメン協議会加盟店と情報提供いただいたカレー屋のビスヌ、そして玉名の足湯と高瀬眼鏡橋・俵ころがしをマッピング。それに合わせて一部記載を追記。 和水(なごみ)町の写真を追加。

ねんどろいど同田貫正国とこころピア(写真)
来年1月の福岡市博物館での圧切長谷部の展示にカブせる形(リンクは貼りませんが、ジャパコンワンダーランドに出ていらした学芸員さんが最近個人的に始めたTwitterで呟いていらっしゃいました)で熊本・玉名の歴史博物館こころピア(以下、こころピア)にて2017/1/14から2/19まで企画展「同田貫 Ⅴ」が開催されます。
まだ詳細はわかりませんが、同田貫の他、九州の刀剣を展示する予定だそうです。同田貫と並べて見たい九州の刀剣をTwitterで意見募集していらっしゃったり(終了)、1/22(日)14時からは同田貫についての講演会が開かれる模様(とうらぶとのコラボはないそうです)。
どんなことになるか楽しみですね。

さっきの写真のねんたぬの背景の建物が、こころピア。
同田貫の刀剣の他にも、古墳時代あたり(古墳好きだからむっちゃ楽しかった)から西南戦争など、玉名の歴史について学べる博物館です。去年の6月、同田貫特別展示&模造刀持って写真を撮る体験をやっていたときに伺いましたが、すごく同田貫愛に溢れたところです。

玉名市立歴史博物館こころピア

この写真は常設で撮影可能だった同田貫(銘は同田貫上野介だったけど正国作?)。
銘「九州肥後同田貫上野介」刃長71.4cm(常設)

ということで、「来年1月に圧切長谷部を見て、『同田貫 Ⅴ』も見たい!」という人のために、福岡市博物館のある福岡市内から熊本県北部(県北)、玉名のこころピアまでの行き方(公共交通機関限定)とかをざっと調べてみました。
福岡に住んでる非同田貫クラスタが調べた範囲での話なので、熊本の人・同田貫クラスタからは「違うよ!」とか「抜けてる!」いうご指摘があるかもしれません。あれば適宜修正入れています。

追記:ご指摘いくつかいただいており、本当に感謝しております。随時加筆・修正していますが、お気づきの点あればぜひ!

公共交通機関での行き方


車があれば色々便利なんでしょうが、私は免許を持っていないので公共交通機関で行きます(※ちなみに駐車場は小型70台だそうです)。

ざっと調べたところ、福岡市内から玉名こころピアまでの公共交通機関での現実的な行き方は4種類あるようなのでご紹介します。

まず基礎知識として、JR博多駅と西鉄電車の西鉄福岡(天神)駅だったら、西鉄福岡(天神)のほうが福岡市博物館からは近いです。
一番左(西)のマーカーが福岡市博物館、その近くにある青いマーカーが一応地下鉄西新駅。中央の青いマーカーが西鉄福岡(天神)駅、一番東、青のマーカーがJR博多駅です。
玉名はずっと南です。

福岡市博物館

地下鉄天神駅

西鉄福岡(天神)駅

博多駅


博物館から天神・博多駅へのバスは天神経由博多駅行きの他、天神経由せずに博多駅に行く便など色々ありますがどれも230円で、時間は博多駅までなら最低30分はかかります。バスに乗るのなら都市高速に乗る便の方が早く到着する率が高いのでおすすめです(料金も変わらないし、福岡以外だと路線バスが高速に乗るのは珍しいそうです)。
地下鉄は早いけれど、博物館の最寄の西新駅から片道徒歩15分というのがちょっとネック。地下鉄は強風が吹いてるとき以外めったに遅れない(遅れても数分)ですし、日中は大体7分おきに来るので、確実&早く行きたいなら地下鉄ですが真冬に15分歩きが……(博物館から西新地区までバスで行けなくもないですが、ほとんどのバスがヤフオクドーム前を通る遠回りの便で最低9分かかります。ヤフオクドームのイベント時は道も混みます)。

あと、新幹線駅の新玉名駅がいいか、在来線の玉名駅がいいかはとても微妙。こころピアは2つの駅のちょうど中間くらいにあります(記事後ろの方に地図を埋め込んでいます)。

同田貫正国グッズを販売している「Creative T&とんちんかん」(以下、とんちんかん)さんは玉名駅近くにあり、同田貫碑も玉名駅の方が近いようですが、観光案内所的な場所と思われる観光ほっとプラザ たまララは新玉名駅内です。玉名駅には観光案内パンフはそんなにありませんでした。

で、4種類の行き方の紹介。

1.新幹線で新玉名まで(最速)


新幹線で一番速く、かつ安く行くには九州日帰り新幹線2枚きっぷで、博多-新玉名 往復5040円 所用時間片道39~45分
ただし新幹線は日中は基本1時間に1本しか新玉名にはとまりません(9月の時刻表では博多発8時、10時、17時、新玉名発10時、16時、17時、18時は2本ずつ。朝早く、夜の時間帯はもう何本か止まるようですが、こころピアの開館時間と合わないので省略)。
■新玉名駅からこころピアまで
産交バス 玉名市民会館前下車170円 5~7分 ※ただし1時間に1,2本

一泊したい場合、もしくは往復はしない場合だと新幹線2枚きっぷまたは九州ネットきっぷ(利用には要会員登録、リンク先の表には博多-新玉名がないけれど下の方の「九州ネットきっぷはこちら」から飛べるpdfに記載あり)で、博多-新玉名 往復6780円(片道3390円)になります。

2.電車最安(西鉄・JR利用)


西鉄福岡(天神)-大牟田(※30分に1本の特急乗車) 片道1020円 約1時間
JR大牟田-玉名 片道460円
片道計1480円 合計所要時間は約1時間30分~2時間の間
■玉名駅からこころピアまで
産交バス 玉名市民会館前下車150円 5~9分 ※大体1時間に5本くらい?

博多駅から100円バスや地下鉄で博多から天神まで行く(200円)料金含めても、天神から西鉄大牟田線経由で福岡県の一番南、大牟田まで特急電車で行って、そこからJRに乗り換えて(同じ駅舎)、玉名に行くのが福岡市内からは一番安いです。
去年はこれで実際にこころピアまで行きました
西鉄福岡駅発の特急は基本毎時00、30分出発なので覚えやすいです。あと全国相互利用している交通系電子マネーが確か使えたはずです(西鉄大牟田線は全線OKJR大牟田-玉名間もいけるので、使えると思います)。

3.新幹線で熊本まで行き、在来線乗換


一番安いのは(つばめ限定!)九州ネット早特7(※7日前までにJR九州サイトで会員登録して購入、予約後は列車・席の変更不可)博多-熊本 片道2570円(「つばめ限定!九州ネット早得7」だと2350円) 38~50分
熊本-玉名 片道560円 約30分
片道計3030円(2910円) 合計所要時間は大体1時間10分~1時間45分の間?
■玉名駅からこころピアまで
(同上)

一旦新幹線が止まる本数が多い熊本駅まで新幹線で南下して、そこから玉名まで在来線で北上する案。
列車・座席の変更ができませんが、九州新幹線で一番割引率の高いネット早得7を使うと定価のほぼ半額で熊本まで行けます。もっとフレキシブルに行きたいなら九州新幹線2枚きっぷとかがよいかも。
この案だと熊本市内の観光もしようと思えばできるはず。
熊本市内なら宮本武蔵や細川家ゆかりの刀剣を所蔵している小さな私立美術館、島田美術館がおすすめです。現時点で1月以降の展示は不明ですが、今年の夏に行ったときの話(ちょっとバスの乗り場がややこしかった)を書いています。

4.JR在来線縛り


博多-(二日市・鳥栖・大牟田・銀水などで1回乗換)-玉名 片道1820円~ 合計所要時間約1時間30分~2時間の間
■玉名駅からこころピアまで
(同上)

「JR在来線しか使いたくない」という場合は乗換案内サイト必須です。1回乗り換える必要があるのですが、どこで乗り換えればよいのかは乗り換え案内サイトに聞いた方が早いです。
この手段でも玉名までは交通系電子マネーが使えるはず(JRにあまり乗らないから特急券システムがよくわかってない)。



高速バスだと菊水ICがおそらく最寄ですが、玉名は玉名でもこころピアのある玉名市役所付近ではなく、玉名郡和水(なごみ)町で、そこからこころピアまでがかなり遠いのでオススメはしません。
でも和水町は今年の3月に行きましたが、古墳が好きな人にはかなり良いところだと思います。
道の駅きくすい菊水ロマン館は火の本豚を使ったジューシーで美味しいハンバーグを食べることができたし、かなり近くに江田船山古墳(出土品はトーハクの考古展示室の銀錯銘大刀など全部東京に持って行かれてるけれど、石室内部をガラス越しに見学可能)や、塚坊主古墳などそこそこ整備された古墳群を見ることができます。
菊水ロマン館のハンバーググラタン・江田船山古墳・江田船山古墳石室
ただしロマン館と菊水IC間が約2Km離れてるのと、ロマン館から玉名駅まで一応バスが出ているけれど1日2、3本というのが……車で高速を使って行くなら寄ってもいいかと思うのですが。


食については玉名はラーメンが有名
熊本ラーメンのルーツともいわれ、濃厚豚骨スープと焦がしにんにくチップが特徴です。
去年行ったときにも食べたかったのですが、時間の都合で食べられませんでした……計画は大事です。
ラーメンについては玉名駅ではなくこころピアに玉名ラーメンマップが置いてあったのですが行方不明。ただ記憶している範囲だと、こころピアとも玉名駅とも少し離れたところに固まってた(玉名駅出て目の前に1軒、こころピア近くに1軒あったのは記憶しています)ので、ちょっと注意が必要です。

ほか美味しいものあったら教えてください、というか玉名に詳しい人誰か同田貫展観る人向けにどこかに玉名観光ガイドを書いて欲しいなー、と。
……と書いていたら、Twitterで素敵な解説つきMAPツイートがTLに流れてきたので、引用(許可頂きました。重ねて感謝)。


ラーメンマップたまララからリンクの見落としてました……。

なお上のツイートをされた大葉さんから「最初に挙げた(※注:大葉さん作成の地図で挙げられている、桃苑、千龍、天琴の)3軒は結構な頻度で行列が出来ているので行く場合は時間に余裕を持って計画たてた方がいいです」とコメントをいただいております(本当にありがとうございます)。行こうと思われている方はご注意を。
また定休日が店によってまちまちなので、詳しくはラーメンマップ等で確認してください。

また他の方から、「高瀬倉(注:リンク先JR西日本のページ)にカレー屋がある」という情報をいただきました。こちらもありがとうございます。
調べたところ、「ビスヌ」さんというお店で、ココナッツナンなどがあり、情報頂いた方からも「ナンおいしかった」とのこと。明治の町家と蔵でインドカレーというのも面白そう。
ラーメンはちょっと、という方にはいいかもしれません。
※更に大葉さんから補足情報として「ビスヌさんは本格的ナンカレーで、ナンが大きいので美味しいですが小食な方は残しちゃうかも?」とコメント頂きました。ありがとうございます。
店休日は公式サイトの店舗情報によると「定休日 無」とのこと。

あと、補足として、大葉さんがお菓子として紹介されている「お菓子の香梅」さん(熊本城香梅庵歌仙拵の写しを展示していた(現在は展示替えしている模様)ことでも有名)の「誉の陣太鼓」は熊本の代表的なお菓子。私も好きです。
店舗情報によると玉名店は10/1から営業時間が9:30-18:30と15分ずつ遅くなるそうです。
もう一つ紹介されている菓舗 菊水堂田原坂は残念ながら知らなかったのですが、商品ページ見ただけで美味しそうと思いました。こしあんに栗にバター風味の皮って最強の組み合わせだと思います。長者饅頭も美味しそうです。
大葉さんのマップを見てぜひ行ってみてください。

同田貫関連の場所


同田貫碑


前回行けなかったのですがサーティワンアイスクリーム玉名店の隣の学習塾の奥に「同田貫碑」という石碑があります。同田貫の鍛冶場跡で同田貫正国や後述の神剣をうった10代宗広らの墓地があります。
投石長谷部さんが去年行かれた時の様子がTogetterにまとめられていますね
産交バスだと「ゆめタウン玉名前」と「専門学校前」の間。

(11/21追記)
13日に肥後古代の森協議会主催のバスツアー、肥後の名刀「延寿」「同田貫」ゆかりの地をめぐる・いい感じツアーに参加して、短い時間ですが、訪れることができました(この話は近々まとめる予定)。
玉名同田貫屋敷跡の碑
案内の玉名市の方によると、石碑自体は近代に作られ、奥にある正国らの墓(撮影は憚られるのでしなかった)も幕末に建て替えられたものだそうです。
また石碑の前を走る208号線を挟んで南北200mが同田貫の屋敷だった、とのこと。廃刀令が公布される前は刀鍛冶は12軒あったそうで、

また、この石碑の下の銘文も注目(写真これしかありませんでした……)。
同田貫碑の下の銘文
こころピアの学芸員さんに後から聞いたのですが、兜割りで使われたのは「同田貫の刀」だったのですが、「同田貫正国の刀である」と書いた一次資料はないそうです。しかし、この石碑には「同田貫兜割り正国」と書いてあり、正国の刀が兜割りで使われたと書いてあるそうです。真相はいかに……。

繁根木八幡宮


またも、先ほど引用させていただいた地図画像つきツイートを作成された大葉さんご本人から情報いただいたのですが(もう感謝しきれません)、大葉さん作成の地図の左から2つ目、同田貫碑の東、こころピアの南にある赤いマーカーは「繁根木八幡宮(はねぎはちまんぐう)」(玉名市のページ熊本県観光サイト なごみ紀行のページ)。

神社自体についての非常に簡単な説明は上記サイトにありますが(玉名市のページのほうが詳しいけれど、なごみ紀行は周辺情報が豊富)、もう同田貫クラスタでは知られているそうですがここには同田貫第10代宗広がうった刀(熊本県指定重要文化財)が神剣として奉納されているとのこと(リンクはこころピアの同田貫についての解説。「同田貫の復興」に宗広とこの刀についての記述あり)。神社の由来についての案内板にも同田貫宗広が神剣をうったことについての記載があります。

そしてまた大葉さんによる解説なのですが、「神剣の写真は拝殿内部にありますが神主さんは常駐ではないので見られない可能性が高いです。神社についての案内板(※原文と違いますが、ご本人にその意を確認済)は境内にありますのでいつでも」とのこと。

こちらも次回は計画立てて行きます。

Creative T&とんちんかん(同田貫グッズ販売)


あと、玉名駅近くの「Creative T&とんちんかん」いう店で同田貫正国Tシャツ・マグカップなど同田貫グッズを販売しているとのこと。こころピアで同田貫グッズの販売はないので、グッズはここで買うことになります。前回は時間ギリギリだったのと、存在をこころピアにつくまで知らなかったので行けなかったです……。

個人アカさんのツイートですが、「拡散希望」とのことで勝手に引用掲載。



ちなみに確認できていませんが、とんちんかんさんの定休日は木、日曜とのこと。
<追記>講演会のある1/22(日)は特別に開けてくださるよう検討中らしいです。




こころピア(赤)、同田貫碑、繁根木八幡宮、とんちんかん(オレンジ)、玉名駅・新玉名駅(青)、あと玉名ラーメン協議会加盟店(薄黄色・点なし)とカレー屋のビスヌ(薄黄色・点あり)、あと後述の観光名所を地図にプロットしてみたので、参考にしてみてください。

歴史博物館こころピア

同田貫碑

繁根木八幡宮

Creative T&とんちんかん(同田貫グッズ販売)

桃苑

千龍

大龍

番屋

来々軒

雲竜軒

味千ラーメン玉名店

麺屋いっぽう

中王ラーメン

玉龍ラーメン

龍願

ビスヌ玉名店(カレー屋)

玉名の足湯

高瀬眼鏡橋

俵ころがし跡

玉名駅

新玉名駅


ほかにもゆかりの地があったと思うのですが(こころピアで案内があったと書いている)、500円の同田貫展の図録と玉名駅でもらった観光パンフ以外の資料を行方不明にしているのですみません……。

大葉さんがマップに書いてる「蓮華院誕生寺奥之院」はちょっと距離がありますね(玉名市の境界が近い)。
玉名駅前に鐘のレプリカがありますが、それのオリジナルの世界一の大梵鐘「飛龍の鐘」があるそうです。
玉名駅前


ちなみに11/13まで旬の玉名を楽しむ「第4回旬たまWEEK」というイベントがあり、その体験プログラムの1つに5名以上集まればこころピア休館日以外いつでも開催の「ガイドとめぐる 肥後の豪刀「同田貫」と西南戦争秘話」というものがあります。現在も受付中の模様。
朝10時こころピア集合、1週間前までに申し込みが必要で、5人集まらなくても「問い合わせ先に相談してみるのもいいかも?」とのこと。






その他観光


玉名といえば温泉。玉名市には玉名温泉と夏目漱石ゆかりの小天(おあま)温泉がありますが、行きやすいのは玉名温泉かと思います。上の地図だとちょうど「玉名消防署」の文字のあたりが玉名温泉です。足湯があるようですよ。

あと、上の地図で「菊池川」とかいてあるあたりの高瀬地区は観光ガイドが推しています。高瀬眼鏡橋や俵ころがし跡(菊地川流域の米を一旦蔵に荷揚げして、それを大坂方面に運ぶときには俵を石畳の坂から転がして船に積んだらしい)がすごく良さ気。

ちなみに、福岡Walker10月号に玉名特集が掲載されているようです。今度チェックしてみます(玉名も広いので、車移動が基本かどうかが気になる。多分車かなぁ……)。チェックしました。詳細はこのツイートの後に。


Kindle版なら今すぐ買えるけど、別冊とかつかない場合があるって書いてあるんだよなぁ……。
Kindle版買いました! 「のんびり玉名さんぽ Vol.1」表紙・裏表紙のMAP含めて8ページ全て読めました(本の後半くらいにあります)!
「ツウはここに行く!おすすめスポット」にこころピアが紹介されている他、ページ数は限られていますが、観光情報・温泉(立寄りOKの場所と値段)・ラーメン・(ラーメン以外の新しい)グルメ・おみやげと玉名観光には簡潔ながらかなり良いものだと思います。11月号にVol.2も掲載されるようなので、ご興味あるかたはぜひ!
あとKindle版にも「福岡てくテクMAP【モーニングのおいしいお店】」というのがついていて、それに福岡一の繁華街である天神・大名エリア、博多駅エリア、そして博物館にも近い西新エリア(残念ながら博物館は載っていない)、あと刀ステ福岡公演のある小倉エリア(アルモニーサンク北九州ソレイユホールも一応載ってる)のそこそこ詳しい地図があるので福岡遠征にちょっと役立つかもしれません。

以上、簡単に思いついたまま書きました。
熊本詳しくないので、いろいろ突っ込みどころがあるでしょうが、ご指摘あればできるかぎり改善します。
また同田貫展は色々企画がありそうなので、それは追々アップデートできればと思います。

<宣伝>
福岡遠征する審神者さん向けに色々書いてます。まだ来年の圧切長谷部公開用のプランは作っていませんが、ちらっと見ていただけると幸いです。
#審神者福岡旅 「審神者向け福岡観光プラン」まとめページ(随時更新)
まだ詳しく考えていませんが、圧切長谷部版は行列対策として秋(安宅切)プランと順番を入れ替えor一部省略する予定。
今年は土日祝に展示を観るために2時間待ったときもあるそうなので……。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment