25
2016

純米吟醸「蛍丸」を買って飲んでみました

CATEGORYその他
※注意:お酒は20歳になってから
※宣伝:「審神者向け福岡観光プラン」作成用アンケート結果発表(今後のロードマップも)

この前の熊本行き、道の駅通潤橋で買った、通潤酒造さんの純米吟醸「蛍丸」。
昔日本酒を飲み過ぎてやらかしたことがあるのでちびちびとですが、美味しいので飲んでいます。家ではあまり飲まないので数日に一度ペースですが、もう飲み切りそうです。

純米吟醸「蛍丸」と蛍丸専用グラス(アップ)

以下、写真と日本酒ど素人の感想(あと「個人的に」合うと思っている「おつまみ」というかなんというかの紹介)。
包装紙を剥ぐ前はこんな感じ。
純米吟醸「蛍丸」と蛍丸専用グラス
夜を思わせる紺色の紙に蛍の光モチーフの黄色と赤い紐が映えます。

よく見ると「蛍丸」の字は二重になっていて、目立つ黒い字の影のようにごく薄い灰色の字が重なっています。おっしゃれー!
純米吟醸「蛍丸」包装ロゴ
あと右上の方には阿蘇家の家紋が。

また包装紙には大太刀「蛍丸」の逸話が書いてあります。
純米吟醸「蛍丸」の由来書
気になる人は買って読んでくださいね。

開封する前に、一緒に買った「蛍丸専用グラス」(1個400円だったと思う)の紹介。
表には「蛍丸」の文字(この写真では見づらいですが)と蛍を思わせる黄色い丸の数々。
蛍丸専用グラス表面
裏側には大太刀の蛍丸のイラスト。表面と合わせてみると、刃こぼれした蛍丸に蛍が集まってきているように見えるようになってます。
蛍丸専用グラス裏面
さらにお酒を注ぐと……続きは後ほど。

包装紙をはがして、通潤酒造さんがお勧めする通り、冷やしてみました(常温でも飲んだけれど確かに冷やした方が美味しい)。
純米吟醸「蛍丸」瓶 表面
結露して見ずらいですが、後ろに刀形のラベルが貼ってあります。
純米吟醸「蛍丸」瓶 裏面
純米吟醸「蛍丸」ラベル(一部)
純米吟醸!

蛍丸専用グラスに注いでみました。
こうすると「蛍丸」の字がよく見えますね。
蛍丸専用グラスと純米吟醸「蛍丸」
そして、お酒を注いだことによる鏡面効果で大太刀蛍丸が更に大きく見えるようになっています。
蛍丸専用グラス(純米吟醸「蛍丸」を注いだところ)

で、肝心の味。通販ページによると「淡麗辛口」とのことですが、最初一瞬フルーティな味がして「甘くてコクがある?」と思うのですが、すぐに爽やかな辛さが口に広がります。
前述の通りあまり日本酒は飲まないのですが、割と爽やかな日本酒でそこそこ飲みやすいと思います。飲み過ぎ注意。

そしてこのお酒に合うおつまみというかアテを、家にあったもので探してみました。
魚介(ヒラメやイカの刺身・鱧の湯引き・サヴァ缶レモンバジル味)や餡の味が濃い餃子とかが割と合う気がしたのですが、個人的に一番はまっているのは、偶然家族が買ってきていたTOMIZ(富澤商店)の「ピーカンナッツ(ココア掛け) 」。甘党だからでしょうが、淡麗辛口に合わないとされているらしいチョコレートです。
これはピーカンナッツを甘さ控えめのチョコレートとココアでコーティングしたものなんですが、チョコレートの苦さと甘さ、ピーカンナッツの香ばしさと食感が「蛍丸」の味とちょうど合う気がします。
普通のチョコレートと合わせたら微妙でしたが、おそらくアーモンドチョコで代用可能だと思います。あと、ちょっとお高めのやつが合うかと。

通潤酒造さんのオンラインショップ通販もやっています。お酒がいける口の審神者さんにはオススメです。私みたいな日本酒素人でも美味しく飲めますよ!
蛍丸グラスセットもありますので、機会があればぜひ。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment