23
2016

名物「城井兼光」を見に福岡市博物館に行きました

城井兼光とキャプション
遅くなりましたが福岡市博物館の黒田家名宝展示、本年度の刀剣トップバッター、「城井兼光」を見た話です。
明日から太鼓鐘貞宗実装とかイベントとかありそうなので、簡単に。追記するかもしれませんし、しないかもしれません。



展示初日に行ったときにiPhoneで適当に撮って率直な感想を呟いたら思いがけず拡散されてしまいました。「殺る気の刀」の説明が不足していますね。
一応解説しておくと、立花家史料館で「殺る気の刀」と紹介されたのは伝兼光(下写真)で、色味(立花家史料館のは照明の加減か白っぽく、城井兼光は若干青黒く感じた)以外は、とてもよく似ているという印象を受けたので、「殺る気の刀」と言ったわけです。
刀 無銘 伝兼光・全体
実際に人を討つのに使われたという逸話が残っていたり、「大切れ物」と呼ばれたこと、あと茎の目釘孔の数など、本当に「殺る気」を感じるものもあるのですが、一応発言した意は「『殺る気の刀』こと伝兼光と似てる」というものです。

以下、写真とだらだらと感想。

城井兼光(正面から)
正面。
キャプションにあるように黒田長政が城井鎮房を謀って討ったときに使ったから、「城井」兼光。
この前の立花家史料館文化講座では特に名前は出なかったのですが、「黒田家の刀剣と甲冑」によると、この刀は長政から三男の長興(初代・秋月藩主)にわたり、長興の子の二代秋月藩主長重から二代福岡藩主光之に返されたとのこと。文化講座の話を聞くと、この刀がどういう経緯で長興に渡り、そして光之に返されたのかものすごく気になります。

さっきも書きましたが、立花家史料館の伝兼光に似ていて、実用の美といった印象。強さを感じました。

城井兼光の鋒
鋒。鋒にまで樋は伸びています。

城井兼光の刃文
刃文はほぼ直刃。
2回目に行ったときに、おじさんが学芸員さん相手に「これはのたれだ!」と言い張っていたのですが、よーーーく見ると刃の半ばあたりが山の幅が1cm、高さが数ミリの互の目でした。それを頑張って撮ろうとしたのですが、うまく撮れず……。もう1回行って撮れれば写真追加するかもしれません。

城井兼光の茎
茎。大磨上で銘なし、目釘孔は6つ(4つ埋)。
埋められた孔が茎尻に集中しているので、磨上前はそこから指4本分くらいまで刃があったのかもしれません。

城井兼光の鎺
鎺。これも他の福岡市博物館所蔵の刀剣の鎺と同じく金製。ちなみに桐紋だからといって豊臣とは特に関係はないとか。

ちなみに城井兼光を展示している企画展示室2・黒田記念室では「直筆の手紙」展を開催中。一昨年の「官兵衛の手紙」、去年の「長政の手紙」(見たけど超良かった。またやってほしいくらい)に続く手紙シリーズ?
福岡市博物館 企画展示室2(「直筆の手紙」)
豊臣秀吉や千利休などの直筆の手紙が展示されています。私は全然読めないので、キャプション(狙っているわけではなさそうなのになぜか面白い解説と文字起こしされたもの)、と実物を何度も見比べるので、見るのにかなりの時間がかかりましたが、かなり面白かったです。

千利休が「(秀吉から)唐物を贈られた(中略)でも、私たちにとってはそんなに珍しいものじゃないよね」(乱暴な訳)とか書いていたり、その手紙を送られた嶋井宗室(リンクはWikipedia)が十七条の凄く長い遺訓を残していて、最後に「これは毎日見ると約束すること、そうでなければ家は継がせない」(「家は継がせない」はうろ覚えだけれど、大体そんな感じのこと)と書いていたりして、時間をかけて見る甲斐はあります。8月までなので時間あればぜひ。
嶋井宗室遺訓(「直筆の手紙」)
↑右が宗室の遺訓。左は筑紫夢庵の遺言状。これも死の間際に気力を尽くして書いたのがありありと伝わってすごかったです。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

2 Comments

ゴーイング♪かわせみ号  

黒光りしてますねー。

こんばんは。はじめまして。ゴーイングかわせみ号と申します。
城井兼光、黒光りしてなんだかフォース(力)を感じますねw(゚o゚*)w!!

兼光と言えば「一両筒(鉄砲切兼光)」が有名ですが、切れ味はさぞや凄かったのでしょう。見た感じが違いますもん。しかし!?目釘穴6つは凄い(汗)

いやあ、眼福でした(*^。^*)

2016/06/24 (Fri) 01:08 | EDIT | REPLY |   

かりおか。  

Re: 黒光りしてますねー。

> こんばんは。はじめまして。ゴーイングかわせみ号と申します。
こんばんは。まずはコメント承認&お返事大変申し訳ありません。ちょっとコメントを確認することに頭がまわっておりませんでした。

> 城井兼光、黒光りしてなんだかフォース(力)を感じますねw(゚o゚*)w!!
福岡市博物館の刀にあてる照明は、他の博物館と比べて抑え目なので全体的に黒っぽく見えるように思います。
個人的には城井兼光よりも、去年展示された黒田長政所用の和泉守兼定(来月展示されます)と日光一文字のほうが黒いかなと感じております。

> 兼光と言えば「一両筒(鉄砲切兼光)」が有名ですが、切れ味はさぞや凄かったのでしょう。見た感じが違いますもん。しかし!?目釘穴6つは凄い(汗)
すみません、「一両筒」については知りませんでした。刀については本当に不勉強な上、日本史もさっぱりで……。鉄砲ごと人を切るとはすごい切れ味ですね。
城井兼光もキャプションによると切れ味鋭く「大切れ物」と呼ばれたそうです。刀については美しさよりも切れることを重視した長政愛用ということで、城井兼光もよく切れるのでしょう。目釘孔の数も実際に使われた証なのでしょうね。

> いやあ、眼福でした(*^。^*)
いえいえ、ヘタな写真ですみません。実物はもっとすごいです。。
福岡市博物館の黒田家名宝展示では今後もしばらく刀剣なので、見に行ったら報告がてら写真をあげるかもしれません。

では、失礼しました。

2016/06/29 (Wed) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment