「秘境・腕試の里 予行演習」スタート。まさに「運試しの里」w - イベント「秘宝の里」
30
2015

「秘境・腕試の里 予行演習」スタート。まさに「運試しの里」w

昨日から始まりましたねー、新イベント「秘境・腕試の里 予行演習」。
最初の緊急メンテ後に、Lv.58~78のレベリング部隊+Lv.90岩融で6回だけプレイできたのですが、爆笑しましたw
各所で言われている通り、これは「腕試し」ではなく、「運試しの里」ですね。

難易度「易」・「普」は、「序盤に毒矢をひいて、岩融を含む3人退場」という目にあったりしながらも、運よく一回ずつでクリアしました。
が、難は4回ともマップ半ばで、同じ敵カードを2回引くことで出てくる「禍々しい気配をまとった敵」に全滅させられました。
2015年9月イベント「秘境・腕試の里」敵札(2回目)
敵札が4種類・14/48で、16回それを引きつづけなければならないって、出会わない確率の方がずっと低いんじゃないんでしょうか……。クリアできる気がしません。

色々言われているみたいですが、自分はこのイベントの発想自体は結構好きです。
「こまめに撤退して確実に玉を取る」か「全部玉を失うかもしれないけれど、先に進む」かを天秤にかけるスリルがあっていいと思います。玉の増減関連に関連する札の他に、隊員が最大3人離脱する「毒矢」や特定の刀装がなくなる「焙烙玉」があるのも、仕掛けとしては面白いです(焙烙玉の効果音は笑った)。
ただ、「禍々しい気配の敵」が、「出会えばカンストでもほぼ確実に全滅」レベルになっていて、「腕試し」じゃなく2枚引かないことを祈る「運試し」になってるのが問題だと思うのです。
個人的には、ギリギリの攻防を楽しみたいので「2、3人重傷で、どうにか敗北だけは免れる」レベルを希望します。

というか、今日の昼のメンテのお知らせ見て、初めて「禍々しい気配をまとった敵」が「易」・「普」でも出てくるって知りました。
スクリーンショット見返したら、確かにこんのすけは「易」で「非常に強力な敵が出る」と言ってたけど……。
メンテで敵札が1枚ずつになったけれど、そういう問題ではない気がします。

今回は予行演習で、目玉報酬が浦島君(そこそこ持ってる)と平野君(最近日本号が最低値鍛刀で5振連れてきてくれた)、とちょっと控えめ。だから、ガツガツやる感じではないけれど、本番までにちょっと運営さんは内容を見直してほしいです。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment