14
2015

「地下に眠る千両箱 其の弐」終了、というより6-2の分岐のはなし。

イベントも明日昼で終了ですね。本当に小さなイベントでしたね。

今週はリアルでいろいろあったり、ネットになかなか繋がらなかったりしたのであまり遊べませんでした。
二振目の博多掘りはあきらめて(7回ボスマスいって太郎太刀は2振きた)、6-2でデイリー検非違使&明石掘りを細々としてました。
色々あってネット復旧まではまだしばらくかかりそうな予感……。

で、繋がった日は50/50/50/50の最低値レシピで3回鍛刀してたのですが、今週は30分が3回(平野君2振、厚君一振)も出てびっくり。
そのかわり、6-2こと三条大橋のボスマスにはさっぱり辿り着かず、今日ようやく辿り着きました(というか今月初めて)。

それだけだとなんか内容薄いので、もうちょっと書きます。
キリがちょっと悪いのですが、6-2の周回数が途中撤退を除いてさっき95回になりました。
現時点でボスマスへ到達する確率は今のところ16.8%。先月までは25%くらいあったので大分下がったとはいえ、各分岐が1/2の確率で決まる場合は多分6%強なので、確かに確率は調整されているみたいですね。

6-2試行回数表(有効周回数95)

前に、「スタバ(橋渡って最初の分岐)に一番それる気がする」的なことを書いた覚えがあるのですが、全然違って、橋渡る前の一番最初の分岐(通称:ブックオフ)で逸れる確率が45%近くでした。ここで分岐した場合、高速槍が出るマス前で引き返せるので助かりますね。
スタバは21%強で、最後の分岐(松屋)に逸れる確率は6%以下。確かに最後の最後に逸れると凹みますからね……。

6-4とか実装されたらどうなるんでしょう。6-3のマップがああだったので、ちょっと心配してます。
「日本号は6-4ボスドロ限定です!」とかなったらちょっと、厳しいかも。6-3はボスの打刀がめちゃくちゃ固かったしな……。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment