07
2015

イベント「戦力拡充計画」明日終了

※今日は2本記事を書いてます。下にスクロールすると、ねんどろいど「三日月宗近」についての記事があります。


一ヶ月間のイベントももう終了しますね。長かったような短かったような。日本号を手に入れるまでの4日間が濃すぎてもう色々と……。
しかも次のイベント(「地下に眠る千両箱 其の二」)が明日からと予告されてびっくりです。イベント名やっつけだな!


自分は今週、とうらぶではなく、「モデムから信号が来てネットが繋がるのを待つ」というとても不毛なゲームをずっとやっている(継続中、書いてる途中で負けて携帯でテザリング中)ので、最後の週はあまりとうらぶを楽しめませんでした。残念。

昨日から途中切断ありながら何とかゲームはできるようになってきたのですが、また捜索演習の上の竹藪がまたなかなか埋まらなくて、日本号&三日月掘りは思うようにできませんでした。
これからも、もう少し頑張ろうかと思いますが、なかなか出てくれないだろうなー。



と、もうすぐ終わりなので、このイベントを振り返ろうかと思います。

日本号捜索周回の表は明日イベントが終わってから出そうと思いますが、200回程度挑戦してボス到達は120回ちょっと超えたあたり。日本号は一振、あと鶯丸が3振。

手伝い札と資源については、「日本号を手に入れるまでケチらない」と思ってたのですが、やっぱり貧乏性な性格と遠征(主に「天下泰平」と「反旗を翻した原因」、遠征キャンペーン中は「加役方人足寄場」)をガンガン回したのと、結構早くに日本号が手に入ったおかげで、イベント開始前より増えました。手伝い札は470枚から600枚と、100枚以上増えましたw
手入時間半減&遠征キャンペーンはイベント応援として最高のキャンペーンでした。今後のイベントでもやってくれることを祈るばかりです。

表の導入のほかに良かったのは、投石部を本格的に運用したこと。なんでコレ今までやらなかったんだろうと後悔してます。
これまで打刀・脇差は投石兵一つずつしかつけていなかったのですが、今回高速槍対策で投石兵2つ装備させるようにしました。そうしたら高速槍は倒せないことが多かったけど、遠戦だけで敵を2人以上倒してくれるのです。

投石部の中でも今回、「優良編成検証に必要」&「練度が各刀種の中で一番低い」という理由で、大倶利伽羅とにっかり青江をかなり酷使しました。その結果74辺りから84,5までレベルが上がりました。よく頑張った!
にっかりさんはよく誉をとってくれたので、何度出陣させても桜について気にせず良かったです。逆に大倶利伽羅は、ちょっと機動が低いせいか誉がほとんどとれず、桜吹雪が剥げやすくて、隊長に設定して進軍し桜を付けるなど工夫が必要でした。次回以降気を付けます。

なんかグダグダかきましたが、結論としては

  • 手伝い札貰える演習(天下泰平・反旗を翻した原因)をガンガン回すべき

  • 投石部は導入するべき

  • イベントのように同じ部隊で連続して出撃する場合はコンディション(疲労・桜吹雪)に気を付けるべき


あたりまえっちゃあたりまえですね。また何か気づいたら書くかもしれません。ネットが繋がってたらですが……。

明日のイベントに無事参加できる&今後日本号と三日月宗近が手に入ることを祈って今日は終わりたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ

0 Comments

Leave a comment