福岡市博物館×刀剣乱舞-ONLINE-コラボ 初日レポ(等身大パネル設置個所めぐり) #審神者福岡旅

1/5から福岡市博物館で公開の圧切長谷部、初日に早速見に行ってきました!
無事に刀剣乱舞-ONLINE-コラボ缶バッジを購入し、レプリカ日本号と描き下ろしイラストも見てきました!

福岡市博物館×とうらぶコラボリーフレットと缶バッジ、福みくじ

福岡市博物館の催し物案内板(圧切長谷部)
いつもの催し物案内の看板の圧切長谷部の下には実物の写真が。

ついでにバスの時間がちょうどよかったので、他の等身大パネル設置個所の福岡タワー・友泉亭公園・福岡城むかし探訪館・三の丸スクエアを、3時間半で全部周ってきました(昼ご飯が友泉亭公園のぜんざいになりましたが……)!
パネル周るRTA(公共交通機関利用・各ポイントも適度に楽しむ部門)があれば、多分これが一番早いと思います。

全て廻る方法を考えたページにも少しだけ書きましたが、そのときのちょっとだけ様子をご紹介します。

※以下、等身大パネルの配置ネタバレ(写真)があります※
...more
テーマ : 刀剣乱舞-ONLINE-
ジャンル : ゲーム

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

名物「安宅切」と圧切長谷部の拵の本歌(重文)を見に福岡市博物館に行きました

展示期間もうすぐ終了しますが安宅切と、その拵で圧切長谷部の拵の本歌である重要文化財 金鮫青漆打刀拵を観に行った感想です。福岡市博物館さんが「ペアルック」とツイッター・ブログで紹介して話題となりましたね。確かに拵はよく似ていました。一方、刀本体は結構違う印象を受けました。

重文 金霰鮫青漆打刀拵と刀 名物「安宅切」

実はカメラを忘れたり写真を撮り忘れたり他の企画展を観に行ったりして(写真撮影NGの「経塚フロンティア2016」がただただ最高。他の部屋の展示もすごく良い)、安宅切展示期間中5回福岡市博物館の企画展示室に行っているのですが、安宅切は見る度受ける印象が違うし注目するポイントとかも変わるすごく不思議な刀でした。これを書いている今もまだどう扱っていいのかわからないところ……。腕が全然未熟なのもありますが、写真も撮るたびに「前のほうが良く撮れてる」と思うことが多いです。

ちなみにTwitterで第一報をツイートしたら「『安宅切』は何と呼ぶのですか?」という反応があったので、キャプション(拙ブログでは丸上げはしないつもり)では「あたきぎり」であったことを重ねてご報告いたします。
...more
テーマ : 美術館へ行こう
ジャンル : ライフ

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

薙刀 名物「権藤鎮教」を見に福岡市博物館に行きました

審神者向け福岡観光プラン書くのに手間取って、展示終了してしまってからのアップになり非常に申し訳ないのですが、福岡市博物館の平成28年度黒田家名宝展示で展示された薙刀 名物「権藤鎮教」を観に行きました。その個人的な感想を写真と共に書きます。
薙刀 権藤鎮教・全体
いつも初心者な感想ですが、今回は手持ちで一番詳しい日本刀についての冊子を紛失して参照できない状態で、いつも以上に記述が残念です。ご容赦ください。
...more
テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

黒田長政所用の和泉守兼定を見に福岡市博物館に行きました

展示開始から大分日が経って、展示終了までもう数日となってしまいましたが、今福岡市博物館で展示されている黒田長政所用の「刀 和泉守兼定」を見た話をしようと思います。
刀 和泉守兼定(福岡市博物館所蔵)

日本号と刀 和泉守兼定(福岡市博物館所蔵)
時折Twitterなどで「兼さんが福岡市博物館で展示されている」と書かれているのを見かけますが、(内容なさ過ぎて恥ずかしいけど)去年も書いたようにこの刀はとうらぶの兼さんではありません。何代目の和泉守兼定の作かはわかりませんが、少なくとも土方歳三が使った11代(12代?)和泉守兼定より数百年前に作られた刀です。
...more
テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

福岡市美術館で松永コレクションの一文字(重文)を見てきました

刀剣を観に行ったときに更新する「刀剣見に行ってきた」。
今回はいつもの百道にある福岡市博物館(Fukuoka City Museum)ではなく、地元民でも間違える人が結構多い、大濠公園にある福岡市美術館(Fukuoka Art Museum)で見た重要文化財「太刀 銘 一」についての話です。

重要文化財「太刀 銘 一」(福岡市美術館 松永コレクション)

まず福岡市美術館は改装工事のため9/1から約2年半休館します。そのため、現在常設展では「TRACES|轍 ―近現代美術コレクション形成のあゆみをたどる」と「This Is Our Collection/これがわたしたちのコレクション」という名品展を開催しています。
また、福岡市美術館はこれまで写真撮影不可だったのですが、1階の常設展示室(古美術)に関してはサロンクバヤ展以降撮影が解禁されています(2階も一部撮影可らしいのですが、どこかよくわからなかったです)。

福岡市美術館はミロの「ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子」やダリの「ポルト・リガトの聖母」など素晴らしい作品が多い美術館なのですが、刀剣についてだけいうと、圧切長谷部や日光一文字などの黒田家の刀剣、そして日本号が福岡市博物館に移管されて……という感じです。
しかし、6/12まで開催されていた「GIFTS~平成27年度新収蔵品・近年の寄贈作品」で、丸岡藩藩主本田成重が徳川家康から拝領したという来国光の短刀が拵と共に展示される(2階の近現代美術室に展示されていたため撮影不可だった)など、刀のコレクションが全然無い訳でもありません(展示される機会は少ないみたいですが)。

そして、1999年発行の図録「福岡市美術館100選」に載った唯一の刀剣が、この重要文化財「太刀 銘 一」です。
...more
テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

Tag:福岡で見た刀剣  comment:0 

プロフィール

かりおか。

Author:かりおか。
豊後国初日組の鳥型審神者。
刀帳は現時点全て埋まっています。
細々とデータをとりつつ、まったりプレイしてます。

リアルでは筑前国に住んでいて、実物の刀剣に興味津々。

御用の際はtwitterか、以下アドレスにどうぞ。
メアド
内容によっては返信遅くなることご了承ください。

※本文中のスクリーンショットの著作権はDMMゲームズ/Nitroplusにあります。

最新記事
いろいろ雑談(ねんどろまんば、本丸博in福岡、刀ステ義伝福岡楽チケットゲット、刀ミュ三百年ライビュ、信濃くん修行、審神者就任777日) 2017/04/25
また琴が足りなかったイベント:「秘宝の里~楽器集めの段~」2017/4 3~14日目 2017/04/25
楽曲追加! でも敢えて交換しない:「秘宝の里~楽器集めの段~」2017春1,2日目 2017/04/12
2周目突入、村正さん&手紙一式ゲット!:「江戸城潜入捜査」(2017/03)10~17日目 2017/04/05
昨年度UPしそこねたイベントと書いたレポ 2017/04/01
検索フォーム
福岡近辺の刀剣展示情報
福岡近辺の刀剣展示情報。手動更新。
  • 常設 日本号@福岡市博物館
  • 常設 博多歴史館(櫛田神社)
  • 常設 太宰府天満宮宝物殿
  • 4/4~5/28:刀 大仙兼元@福岡市博物館
  • 4/7~7/3:特集展示「刀を見る、伝来を知る-柳川藩主立花家の刀剣-」@立花家史料館
  • 5/30~7/30:刀 名物「岩切海部」@福岡市博物館
  • 10/3~11/12:脇差 名物「碇切」@福岡市博物館
  • 2018 1/5~2/4:国宝 刀 名物「圧切長谷部」@福岡市博物館
  • 2018 2/6~3/4:国宝 太刀 名物「日光一文字」@福岡市博物館
ランキング